白やまユ 酒こまち 生酒 25BY

本日の家飲み 白やまユ 酒こまち 生酒

fc2_2014-07-03_23-40-35-726.jpg  fc2_2014-07-03_23-41-33-902.jpg

 秋田県秋田市のお酒です。
 やまユは外飲みでは見かけるたびにいただいていて、このブログでも24BYのものを取り上げています。

 今期のやまユは「木桶」を使って仕込んでいるということが最大の特徴とのこと、詳しくは例によって裏ラベルを参照してください(記事下部のサムネをクリックして拡大すればたぶん読めると思います)。
 それが原因か不明ですが、今回いつも以上に流通が少ないらしく、入手に非常に苦労しました。
 最近は亜麻猫や天蛙なども結構売り切れが早いので、やまユというよりは新政酒造の人気が急上昇中なのだろうと考えます。

 それ以外のスペック的には麹を40まで磨いているのが目に留まります。
 亜麻猫・改でもそうだったことを考えると、麹を多めに削るところになにかポイントがあるのかも。

fc2_2014-07-03_23-41-01-033.jpg

 上立ち香は控えめで木香のようなものはあまり感じず。
 含むと、上品な甘旨酸がほんの少々のガス感と共にスルリと入り込んできて、じわじわと広がっていきます。
 旨味は柑橘系果実のように甘酸のバランスが良く、フレッシュさと飲みやすさも相まってガンガン進んでしまいます。
 木香は最後までハッキリとは感じられませんでしたが、確かに味わいに独特の柔らかさがあるので、これが木桶の力なのかしら。
 後味はその酸味で自然にキレる感じ。

 アルコール度低めだということだけではない飲みやすさと、心地良い甘旨味のあるお酒でした。
 正直なところ、いくらでも飲めてしまいそうで止め時を見つけるのに非常に苦労してしまいました。
 毎回言っているような気がしますが、佐藤祐介氏は本当に天才だと思います。
 少しお高いのと入手難易度が玉に瑕ですが、やまユはやっぱり追い続けたいです。

 なお常温になるとガスが弱くなり、味わいは相変わらずしっかりしているのですが喉越しが自然になりますね。
 驚くことにさらに飲みやすくなってしまいます、これは危険だなあ…。

 さらに二日目以降になると、木香らしい独特な旨味も出てくるような…。
 グレープジュースのような面白い甘味も出てくるし、凄く面白いですね。
 いやあ色々な魅力があります、凄いお酒だ。

fc2_2014-07-03_23-42-36-960.jpg

名称:白やまユ 酒こまち 生酒
精米歩合: 麹米:40% 掛米:55%
酒米:秋田酒こまち
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:新政酒造株式会社
購入価格(税抜):1,851円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年09月17日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生原酒 真中採り | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 明鏡止水 純米 垂氷 >>












管理者にだけ公開する