FC2ブログ

角右衛門 特別純米 金 

本日の家飲み 角右衛門 特別純米 金 

fc2_2014-05-01_01-27-05-844.jpg  fc2_2014-05-01_08-34-20-619.jpg

 秋田県湯沢市のお酒です。
 当ブログでは昨年時点で2本紹介していますね。

 前にも書きましたが、こちらを醸す木村酒造は代表銘柄「福小町」が世界最大級のワインコンペティションである「IWC2012」の日本酒部門で頂点に輝いて以来、世間での注目度が格段に上がった蔵元さんです。
 当時は蔵自体はスポンサーの一部門として「ナショナル物産株式会社 木村酒造工場」という名義だったのですが、2013年にブランド強化のため日本酒事業が分社化され、晴れて蔵元単独の一株式会社となったようです。
 (経緯は共同通信の記事に詳しく出てました)
 
 当然ながら増産も図る方向とのことで酒質の維持がちょっとだけ心配だったのですが、今年の「IWC2014」でも大吟醸部門で見事金賞を受賞されたようです
 去年実際に飲んだ時の印象も良かったですし、自分の信頼度はかなり高まっております。

 今回頂くのは美山錦60の、割とスタンダードな火入れの特別純米です。
 ラベルの銘柄名が金の箔押しなのがインパクトあります、蔵元さんオススメなのかしら。

fc2_2014-05-01_08-33-57-897.jpg

 上立ち香は爽やかな吟醸香がそこそこに。
 含むと、甘さ控えめでキリッとした苦味主体の、ただバランスの良い旨味が自然に入ってきて、そのまま染みこんできます。
 旨味はフレッシュ感のある五味のバランスが良い正統派という印象のもので、
 後味は苦味がキッチリと引き取って素晴らしくキレます。

 しっかりとした味わいがありながら、見事にキレの良いお酒でした。
 これは万能ですね…、食中酒としても単品としてもいけますし、飲み飽きなさが凄いです。
 甘味控えめなので個人的にはストライクゾーンから外れるところもあるのですが、それでもこの完成度には平伏してしまいます。
 蔵元の実力をひしひしと感じた一本でした、福小町を含め、今後も注目していきたいと思います。

 ちなみに常温になると口当たりが優しくなりました。
 このお酒はどう飲んでも旨いと思われます。

fc2_2014-05-01_08-35-11-208.jpg

名称:角右衛門 特別純米 金
製法情報:
精米歩合:60%
酒米:美山錦
アルコール度:16.5%
酵母:秋田酵母 No.12
日本酒度:+5
蔵元情報:木村酒造株式会社(秋田県湯沢市)
製造年月:2014/3(25BY)
購入価格(税込):1,257円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年05月11日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< MUNEMASA 本生 純米吟醸-15 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 田中六十五 純米 生酒 >>












管理者にだけ公開する