雁木 純米無濾過生原酒 槽出あらばしり 

本日の家飲み 雁木(がんぎ) 純米無濾過生原酒 槽出(ふなで)あらばしり 

fc2_2014-04-07_15-52-21-070.jpg  fc2_2014-04-07_15-55-24-544.jpg

 山口県岩国市のお酒です。
 このブログでの紹介は2回めですね。

 前回の記事から間は空きましたが、外飲みでもちょくちょくいただいていることもあり、雁木は自分の中では獺祭と共に山口の定番銘柄になっています。
 ところで、「雁木」というのはなかなか馴染みのない言葉ですが、wikipediaに記事もあるように、船着場で荷降ろし等を助けるために作られる階段状の構造物を言うそうです。
 蔵元ホームページによると、酒の原料米がその「雁木」から水揚げされてきたことや、蔵の人たちがそこを遊び場として育ったことから、いわば「原点」として銘柄名に採用したとのこと。

 さて、今回は生酒の上に「あらばしり」というスペックです。
 あらばしりは通常よりフレッシュさと荒々しさが増すというイメージですが、ただでさえフレッシュな雁木だとどうなるのでしょうか。

fc2_2014-04-07_15-53-01-519.jpg

 上立ち香はフレッシュで少々甘目な吟醸香が控えめに。
 含むと、濃厚で活き活きした甘旨味が、少々のガス感と青臭さを伴い飛び込んできます。
 旨味はもうなんというかフレッシュさの権化のような、荒々しく青臭く、しかし魅力的な甘酸味を感じる味わい。
 後味は新酒らしい苦味でキレる形ですね。

 予想以上に「あらばしり」というものの強烈さを叩き込んでくれたお酒でした。
 これは好みが分かれるでしょうね…、飲み比べで存在感を発しそう。
 個人的には通常の生酒のまろやかさも好きだったので、どっちを取るかは難しいところです。
 ただ、どちらも新酒の魅力にあふれたお酒だと思います、雁木も私にとってこの時期の鉄板銘柄ですね。

 開栓後、1~2日ぐらい経つと(四合瓶)、少し口当たりが優しくなりました。
 通常の生酒に少し近づく感じかな、変化も面白いお酒でした。

 ※ちょっとプライベートが忙しく、更新に間が空いてしまいました。
  今後の見通しもちょっと不透明です、ご了承ください。

fc2_2014-04-07_15-56-47-026.jpg

名称:雁木 純米無濾過生原酒 槽出あらばしり
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:山田錦
アルコール度:17~18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:八百新酒造株式会社(山口県岩国市)
製造年月:2014/2(25BY)
購入価格(税込):1,470円
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 雁木 純米

2014年04月11日 山口の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 美山錦 HNB48 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 鯨波 純米 無濾過生 >>












管理者にだけ公開する