豊盃 純米吟醸 生酒 豊盃米

本日の家飲み 豊盃(ほうはい) 純米吟醸 生酒 豊盃米

fc2_2014-01-02_15-13-02-610.jpg  fc2_2014-01-02_15-14-30-475.jpg

 青森県弘前市のお酒です。
 外飲みでは何度かいただいていますが、意外にも家飲みでは初めて。

 今回購入するにあたり、他のスペックも隣に並んでいたのですが、せっかくなので「豊盃米」を使用しているこのお酒をセレクトしました。
 豊盃米は読んで字の如し、豊盃だけが契約栽培するお米の品種だそうです。
 お米の名前を銘柄名にすることは聞きますが(亀の尾とか)銘柄の名前を冠するお米は全国でもそんなにはないんじゃないかな…、私が知っているのは他に「白菊米(大典白菊)」「白鶴錦(白鶴)」ぐらいです。
(1/25追記)
 上のように書きましたが、どうやらそれぞれ微妙に事情が違うようです。
 ・豊盃米→もともと米の品種名が先にあり、それに基づいて蔵元が銘柄をネーミング
 ・白菊米→銘柄とたまたま同名だった酒米を蔵元が復刻し、酒造りに使用
 ・白鶴錦→自社で交配・開発した酒米に、自社ブランドに基づきネーミング
 ざっくりいうとこんな感じとのこと、う~ん奥が深い。
 厳密に言うと銘柄が先にあったのは「白鶴錦」だけみたいですね、豊盃はむしろ「亀の尾」に近いパターンになるのかな。
 コメントでのご指摘ありがとうございました、経緯がわかるように一応元記事はそのままにし、補足訂正させていただきます。



 豊盃米を使ったお酒をいただくのはこれが初めてです。
 興味津々でいただきます。

 上立ち香は華やか過ぎず地味すぎずな吟醸香が強めに。
 含むと、華やかながら少々まろやかさも感じる、いぶし銀的な旨味がじわじわと広がります。
 旨味はしっかりとした甘味と香りを、米由来を感じる独特の苦味のような味わいが包んだような感じ。
 この味わいは結構面白いです、しっかりと個性がありますね。
 後味はその苦味を少々残しつつ、きちんとキレていきます。

 派手さや強烈さではない、旨味に確固たる個性のあるお酒でした。
 これが豊盃米の個性なのかどうかはわかりませんが、独特の苦味には癖になりそうな魅力があります。
 それでいて全体としてはきちんとまとまっている印象を受けるあたり完成度の高さを感じます。
 他の豊盃も是非試してみたいと思いました。

fc2_2014-01-02_15-14-53-932.jpg  fc2_2014-01-02_15-15-14-214.jpg

名称:豊盃 純米吟醸 生酒 豊盃米
製法情報:生酒 
精米歩合:55%
酒米:豊盃米
アルコール度:15~16%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:三浦酒造株式会社(青森県弘前市)
製造年月:2013/12(25BY)
購入価格(税込)1,575円/720ml
お気に入り度:8.1/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 豊盃 純米吟醸

2014年01月24日 青森の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

<< 山間 4号 純米吟醸 無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 惣誉 純米吟醸 生酒 >>

ときおりブログを拝見させて頂いてます。
豊盃はかなり気に入っており、取り上げてもらって嬉しく思います。

豊盃という名前ですが、もともと米の品種の名前だったのを、蔵が買い取ったように記憶しています。白鶴錦とは若干違うかなと思いコメントさせていただきました。

出過ぎたコメントかと思いますが、今後もブログ楽しみにしております。
ちなみに豊盃はレインボーボトルが好みですので、機会がありましたらぜひ飲んで見てください。

2014年01月24日 ビスベン URL 編集

>ビスベン様、コメントありがとうございます。

ご指摘ありがとうございました。
実はそのあたりはちょっと調べが足りないところで、記事が不正確でした。白菊米も微妙に違うようですし…。
追記しておこうと思います、とても助かりました。

レインボーボトルは凄く興味はあるのですが、家飲みするには値段が…。
外で見かけたらちょっと味見してみたいと思います。
今後共当ブログをよろしくお願いします。

2014年01月25日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
https://marumechi.blog.fc2.com/tb.php/229-0a5eec9a

ケノーベルからリンクのご案内(2014/01/25 08:47)

弘前市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2014年01月25日 ケノーベル エージェント