FC2ブログ

井の頭 純米吟醸

本日の家飲み 井の頭 純米吟醸

fc2_2013-12-06_18-38-13-326.jpg  fc2_2013-12-06_18-39-06-047.jpg

 長野県伊那市のお酒です。
 このお酒は大長野酒祭りで数十蔵のお酒をいただいたときの、個人的MVP銘柄でした。
 しかし東京では扱っている酒屋さんを全然見つけられず、今回ようやく信州おさけ村で購入できた次第です。

 ちなみにこのお酒、初めて見た人は大体「なんで長野なのに井の頭?」と思うのではないでしょうか。
 しかも実際長野にそういう地名があるわけでなく、あの井の頭公園にちなんでいる名前とのこと。
 ここらへんの由来は蔵元ホームページに載っているので、興味があればご一読を…。
 (なお、「井乃頭」という表記もあるようですが、どちらでもよさそうなのでここではひらがなで統一します)

 今回のスペックはスタンダードな火入れの純米吟醸です。
 私は冷蔵庫に入っていないお酒は滅多に買わないのですが、今回は冷暗所保存の火入れしかなかったので、一抹の不安を覚えつつこちらを購入しました。

 上立ち香は落ち着いた果実香がそこそこに。
 含むと、口当たりはスルリという感じですが、徐々に完熟系で濃厚かつ輪郭がはっきりした甘旨味が、しっかりと味わいの世界を作り出します。
 旨味は、クセのない熟した果実の芳醇な甘味が主役ですが、キツすぎない辛さが寄り添うことで見事に心地よいバランスを保っていますね。
 芳醇ながら派手というよりは落ち着いた感じで、やっぱりホッとするような味わいです。
 後味は少々の辛さが引取り、しっかりとキレます。

 正統派ど真ん中な味わいに安心感すら覚える、素晴らしく完成度の高いお酒だと思います。
 まさに「キレがあるのにコクがある」というフレーズが相応しい、食中酒でも単独でもいける感じです。
 また最初から美味しいのですが、微妙な温度の違いで結構味わいが変わり、飲み飽きない以上に飲み進めるのが楽しい。
 火入れであることが信じられないですね、正直黒龍とか田酒と並べても全く遜色ないレベルだと、私は思います。
 やっぱり井の頭は旨いです、今回じっくりと頂いて完全にお気に入り銘柄に入りました。
 入手難易度の高さに負けず、次は是非生を頂いてみたいと思います。

fc2_2013-12-06_18-39-57-333.jpg

名称:井の頭 純米吟醸
製法など:
精米歩合:55%
酒米:美山錦
アルコール度:17~18度
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:漆戸醸造株式会社(長野県伊那市)
製造年月:2013/11(24BY)
購入価格(税込):1,575/720ml
お気に入り度:8.8/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年12月24日 長野の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

<< たかちよ「ピンク」 純米かすみ 無調整生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 伝心 純米吟醸 雪 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
https://marumechi.blog.fc2.com/tb.php/219-4d97629c

ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/25 09:26)

伊那市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2013年12月25日 ケノーベル エージェント