FC2ブログ

極上 磯自慢 特別本醸造 低温瓶貯蔵生詰酒 

家飲み記録 極上 磯自慢 特別本醸造 低温瓶貯蔵生詰酒 

20210603101700195.jpg  20210603101707218.jpg

 静岡県焼津市のお酒です、当ブログでの登場はなんと初めて。

 泣く子も黙る有名銘柄の磯自慢です、このお酒は人気と実力を兼ね備えており、以前から他銘柄に比べると同スペックでも若干お高めな値付けだと感じています。
 日本酒業界は横並びの値付けが多くて(典型的には十四代本丸)、それがプレミア銘柄の転売という歪みも生じさせているため、個人的には磯自慢のやり方の方がまあ望ましいんだろうなあと思っています。
 さはさりながら、同じぐらいの味わいなら私は安い方を選びますので、しばらく家飲みが遠ざかっておりました。
 今回なんとなく気が向いてはせがわグランスタに並んでいたものをセレクトした次第です。
 
 裏ラベルにある通り、精米歩合も粕歩合も一般的な特別本醸造とは一線を画す贅沢なものですね。
 お値段の税抜1,700円というのは、まあ割高ということでもないのでしょう。

20210603101715002.jpg  20210603101653375.jpg

 上立ち香は落ち着いた、じつにそれらしいバナナ香りがそこそこに。
 含むと、やはり程よく落ち着いた、ほんのりとした甘味を伴う引き締まった旨味が自然な口当たりで入ってきて、アルコール的辛さでしっかりと引き締まりつつ、胃の中に流れ込んできます。
 味わいは、やはりバナナ的果実の風味が真ん中にありますが、甘さ控えめかつ青さ辛さがハッキリ出るので全体としてはかなりスッキリキリリな印象ですね、ダレや雑味を一切感じさせないのは流石。
 後味は、少々の刺激的辛さにより、見事なまでにしっかりキレます。

 これぞ静岡酒!という印象の、バナナ風味をバランスの良い青さ辛さで引き締める、食中酒として万能感のあるお酒でした。
 いやあまさに予想通り、期待以上でも以下でもない、実に安定感のある味わいでしたね。
 晩酌用に特化した静岡吟醸って感じといいますか、落ち着き・バランス・辛さのまとまりは凄いと思います。
 (逆に私としてはインパクトと甘さ、そしてコスパの点で物足りないわけですが…)
 ただ、昔ならともかく、今は同じ値段ならこのバランスに追いついている銘柄は少なくないんじゃないかなあ…とか思ったりして。
 磯自慢のプロ根性を感じるとともに、日本酒の全体のレベルが上がったことを実感する一本でした。

20210603101724307.jpg

名称:極上 磯自慢 特別本醸造 低温瓶貯蔵生詰酒
蔵元情報:磯自慢酒造株式会社
購入価格(税抜):1,700円/720ml
購入した酒屋さん:はせがわ酒店(東京駅グランスタ)
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2021年06月06日 静岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< たかちよ 「とこなつむすめ」 扁平精米無ろ過生酒 YELLOWラベル | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | Thu-Chi-Da99 (土田) 02BY >>












管理者にだけ公開する