FC2ブログ

まる福 純米吟醸 直汲み生原酒

家飲み記録 まる福 純米吟醸 直汲み生原酒

20210426165805319.jpg  20210426165812645.jpg

 群馬県北群馬郡吉岡町のお酒です、家飲み、外飲み含め始めていただきます。

 群馬からのお取り寄せ酒が続きます、これは完全初見銘柄ですね、こういうのを買えるのがお取り寄せの真骨頂かと。
 こちらの酒蔵の通常銘柄は「船尾瀧」とのことですが、これも東京では見ませんね~、本当地酒は追っても追っても追いきれない…
 ただ蔵元ホームページは結構立派ですね、そこにはこのお酒のラベル同様「榛名の水と生きる酒」とのフレーズを大きく主張しています。
 水は酒蔵にとってある意味米以上に重要なものらしいですからね、そこへのこだわりをアピールするのはしっくりくる感じがします。

 さて、今回のお酒については裏ラベルにびっしりとコンセプトが書いてありますね。
 「やりたかったを商品に!」というフレーズは素敵ですねえ、杜氏の想いががっつり伝わってきます。
 スペックを見るに、地元向け中心の銘柄が、今風スペックにチャレンジしたということなんじゃないかと想像します。

20210426165820806.jpg

20210426165837355.jpg  20210426165828769.jpg

 上立ち香はかなりハッキリとバニラを感じる甘くフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、青さをまとったしっかりとした甘旨味が力強い口当たりで入ってきて、そこそこのほろ苦さでキリリと引き締められながら、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、フレッシュなメロン的甘味にバニラ感が寄り添うクリームソーダ的な風味を中心にしつつ、苦味が複雑味と日本酒らしさを添えるもの、若干草感もあって個性とまとまりをしっかり両立させていますね。
 後味は、苦味が引き取る形でしっかりキレます。

 濃厚かつ青くクリーミーな甘旨味に、日本酒特有の複雑味が寄り添う、個性派芳醇甘口酒でした。
 いやあやっぱりこの甘味の存在感が好みですね、スルスル飲める系では無く、単体で飲めるクセになる系。
 苦味がマイナスな感じでも無いですし、バニラ感も本当好きな人にはドンピシャでくる感じかと、これは良いですわ…
 個人的には是非この路線を継続していって欲しいところ!やりたいことをやって欲しいですね。
 まる福、今後の可能性をビンビンに感じさせてくれる一本でした。

20210426165851888.jpg

名称:桂川 亀口 無濾過生原酒
蔵元情報:柳澤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
購入した酒屋さん:きくや酒店(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2021年05月03日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 群馬泉 舞風 山廃もと純米 生 01BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 桂川 亀口 無濾過生原酒 >>












管理者にだけ公開する