FC2ブログ

作(ざく) 純米大吟醸 新酒2020

家飲み記録 作(ざく) 純米大吟醸 新酒2020

20210401163005274.jpg  20210401163014017.jpg

 三重県鈴鹿市のお酒です、ブログでの登場は5回目。

 伊勢志摩サミットでの乾杯酒という晴れ舞台を経たこともあり、すっかり有名銘柄の仲間入りをした印象の作です。
 私はひねくれものなので、有名になればなるほど家飲みが遠ざかってしまい、前回から3年以上間が空いてしまいました。
 今回新酒が新ラベルになっていて、SNSでの評判も良いようだったので、久しぶりにやるかとセレクトしました。

 使用米は不明、精米歩合50%のギリギリ純米大吟醸、しれっと750mlなのが面白いですねえ。
 作はしぼりたてだろうがなんだろうが火入れして、生酒を出さないことで有名ですね、当然このお酒も(多分一回)火入れ。
 まあ、作の場合は火入れへのこだわりが凄くて、毎回マイナス要素を感じさせないので、そこは気にせずいただきます。


 上立ち香はベリーとかピーチを想起するフレッシュかつスウィートな香りが気持ち強めに。
 含むと、やはりフレッシュフルーティージューシーそのものの濃厚な甘旨味が滑らかな口当たりで入ってきて、かなり華やかな含み香と苦味を伴いつつ、胃の中に流れ込んできます。
 味わいは、割と香りの印象通りの桃感のある、火入れを思わせないフレッシュ濃厚な甘味が純然たる主役、実に新酒らしい魅力にあふれるのですが、香り系特有の苦味が若干キツい感じもありますね。
 後味は、苦味の余韻を残す形で、ゆるゆると引き上げていきます。

 華やか系フレッシュな甘旨酒として実に直球勝負の、激しい含み香が特徴のお酒でした。
 甘旨味自体は非常に魅力的で、濃厚で粗さが無い感じなのですが、いかんせん香りと苦味が飲み疲れる系ですね…
 いやあ、私は華やか系好みだと思っていたのですが、実は結構苦手になってるのかなあ、逆に桃の里とか花陽浴の凄さを再認識する感じかも。
 なお、火入れ技術の凄さはビンビンに感じました、多分他のスペックの方が刺さるんだろうなあ。
 作、次はちゃんとレギュラースペックをセレクトしようと思いました。

20210401163020923.jpg

名称:作(ざく) 純米大吟醸 新酒2020
蔵元情報:鈴木清三郎商店株式会社
購入価格(税抜):1,900円/750ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 純米大吟醸

2021年04月08日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 長珍 純米吟醸 生生熟成 5055 01BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 咲耶美 純米吟醸 直汲み生原酒 02BY >>












管理者にだけ公開する