FC2ブログ

出羽の冨士 特撰 無濾過生 特別本醸造

家飲み記録 出羽の冨士 特撰 無濾過生 特別本醸造

20210310190550153.jpg  20210310190557863.jpg

 秋田県由利本荘市のお酒です、家飲み外飲み含め始めていただきます。
 引き続き鴨下酒店での購入酒。

 実は鴨下酒店さんに遠征した理由であるお酒の一つがこちらです、twitterで推してる方の話が気になりまして…
 やっぱり東京で取り扱い店が一つしかないみたいな銘柄で、かつ評判が良いともなれば私のような人間としては飛びつくしか無いわけです。
 蔵元ホームページによると従業員数6名とのことで、紛うことなき小規模蔵ですね。
 「出羽」というと日本酒マニアは「出羽燦々」から山形を連想してしまいがちだと思いますが秋田酒です、そもそも鳥海山の異名から取った銘柄名らしいですね。

 今回いただくのは、またも新酒のアル添生。
 美山錦利用で精米歩合麹50%、掛55%とかなりしっかりしたスペックながら、お値段は千円ちょっとと非常に良心的。

20210310190605441.jpg  20210310190543166.jpg

 上立ち香はかなりセメダイン的で、奥に複雑な雰囲気があるものがそこそこに。
 含むと、かなり高濃度かつ複雑な印象の有る甘旨渋味が、そこそこのアルコールの辛さを伴って力強く入ってきて、最後まで存在感を保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、若干謎の粉っぽさを感じる、砂糖的甘さと果実的渋味がせめぎ合う極めて個性的なもので、アルコールのキレと複雑味が相まって濃厚ながらも飲み飽きずにちびちび飲んでしまいますね。
 後味は、渋味の余韻をほんのりと残しつつ、アルコールのキレでガッツリ引き上げます。

 古臭さのない晩酌酒として極めて魅力的な、個性的かつ複雑な味わいをちびちび楽しめる超コスパ酒でした。
 いやあ、こういうお酒を飲むと、ひたすら同じ銘柄を飲み続けるスタイルもわかる気がします、薄くないのに飽きが来ないまとまりが非常に魅力的。
 それでいてこのお値段というのも素敵ですねえ、地方蔵は実力あるのに良心的な値付けなところが多くてありがたいとともに、立ち行くのか若干心配になります(笑)
 出羽の冨士、是非他のスペックもいただいてみたいと思いました。

20210310190632987.jpg  20210310190624689.jpg

名称:出羽の冨士 特撰 無濾過生 特別本醸造
蔵元情報:株式会社佐藤酒造店
購入価格(税抜):1,185円/720ml
購入した酒屋さん:鴨下酒店
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2021年03月15日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

<< 千代緑 純米大吟醸 槽口瓶詰 若菜 01BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 富鶴 しぼりたて 限定直汲み >>

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021年04月06日 編集

>コメントありがとうございます。
赤磐酒造の蔵開き情報、非常に興味深かったです。
限定酒、まさかそんなに人気があるとは… 失礼な話ながら、正直意外でした(笑) 地元ではちゃんと売れてるんですねえ。
しろうまもお口に合って何よりです!

さて、出羽の冨士情報もありがとうございます。
情報提供自体はもちろん歓迎です、特に怪しくは思わないですよ(笑)
最近は酒蔵のクラファン多いですねえ。個人的には飲食店偏重の方向性が弱まること自体は歓迎だったりします。

2021年04月07日 URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021年04月07日 編集

これまた情報ありがとうございます!
確かに検索すると出てきましたね、いつかは飲んでみたいなあ。
ちなみに私のところにも年賀状とか新酒のお知らせは届いてましたね。しかも一度通販のおまけで布巾もついてきてました。気前良いですよねえ。そしてこうなるとボールペンも欲しくなります(笑)

へ~、はちみつレモンですか。今回飲んだお酒からでは正直想像がつかないです。
如何せん取り扱い店まで電車で2時間なので、タイミングが合うかわかりませんが、見かけたら買ってみます!

2021年04月09日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する