外飲み雑記in四ツ谷しんみち3 「和酒とおばんざい 和ごころ」

 先日、四ツ谷しんみち通り入口にある居酒屋「和酒とおばんざい 和ごころ」さんにお邪魔してきました。
 割と最近にも会社の同僚と訪問していますが、今回は母とその友人たちをご案内。

 自分は日本酒に凝りだして以来、お店に連れていかれる立場から案内する立場にすっかり転換した感じです。
 前はお店の予約なんて絶対しないような人間だったのになあ…。
 いやあ実際日本酒は良い趣味だと思います、飲み過ぎて体壊さない限りですが。

 さて、今回頂いたお酒は、金鼓、貴礼、花陽浴、貴一本、あざくら、旭興、川鶴、白隠正宗、君盃です。

 特に印象深かったお酒その1 金鼓 伝承水酛仕込み 濁酒
fc2_2013-07-28_14-45-09-300.jpg
 うわさには聞いていたのですが、米粒がそのまま残っている、にごりを超えたにごりというか、まさに「食べる」感じのお酒でした。
 また、その食感とは裏腹に結構後味がすっきりというのもポイント。
 
 その2、花陽浴 純米吟醸 雄町(写真左)
fc2_2013-07-28_14-48-07-928.jpg
 まあ自分としてはもはや旨いのは当たり前という感覚なのですが、今回全員(4名)ともはっきり旨いという評価だったのが印象的でした。
 う~む、ハイレベルのお酒しかないようなお店の中で、誰が飲んでも明らかに浮くというのはやっぱり凄いです。
 花陽浴がいつまで普通に入手できるのかちょっと不安になりました。

 その3、川鶴 純米大吟醸袋絞り中垂れ&純米吟醸雄町
fc2_2013-07-28_14-50-01-643.jpg
 前回もお気に入り酒でしたが、今回は店長がわざわざ近くの「じきしん」の冷蔵庫から各種持ってきてくれました。
 いろいろなスペックをいただいて、このお酒の方向性は自分にとってやっぱりドンピシャであるという確信をより強めました。

他のラベルはこんな感じ
fc2_2013-07-28_14-48-56-412.jpg  fc2_2013-07-28_14-49-33-536.jpg

fc2_2013-07-28_14-50-38-024.jpg  fc2_2013-07-28_14-51-14-081.jpg

 今回、店長さんがわざわざオススメ酒を口開けで持ってきてくれたり、手ずからのサービスが染み入りました。
 そもそも、初入店の人を連れてきたとき店長さんとペラペラしゃべるだけでも割とドヤることができるわけで、なかなか良い気分だったり。 
 もちろん料理とお酒が一定レベル以上であること前提ですが、外飲みにプラスアルファを求める私にとって、こちらはとても居心地の良いお店です。

 ちなみにお邪魔したのは8/4の「大長野酒祭り」より前だったのですが、イベント当日もいろいろとお世話になってしまいました。
 店長さんには感謝感謝です。

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年08月10日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

<< 墨廼江 純米吟醸 中垂れ | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | はなともえ 純米吟醸無濾過生原酒 弓絃葉 >>












管理者にだけ公開する