FC2ブログ

風の森 ALPHA TYPE7

家飲み記録 風の森 ALPHA TYPE7

20200508114455328.jpg 20200508114557730.jpg

 奈良県御所市のお酒です、当ブログ殿堂入り銘柄。
 面白かったので優先して速攻に記事にしてみました。

 上の写真で分かる通り、このお酒は箱入りの2本セット、そしてなんとビーカー同梱の商品となっております。

20200508114546051.jpg

 2本はそれぞれ「Full」と「Light」というタイプ違いのものになっています。
 この2つを、付属のビーカーを使って、色々な比率のブレンドで楽しんで欲しいという、日本酒としては前代未聞のコンセプトの商品なわけです。

20200508114612081.jpg 20200508114622460.jpg

20200508114648078.jpg 20200508114658716.jpg

 そのあたりの説明はしっかりと同梱の解説ペーパーにも書いてありました。
 蔵元推奨のブレンド比率も書いてあったりして面白いですね。

20200511094625763.jpg

20200508114533028.jpg 20200508114507682.jpg

 とりあえず単品で飲んでみますと…
 ライトは確かにスッキリと甘さ控えめで、食中酒としては全然アリだけどちょっと物足りない軽いお酒って感じ。
 フルも大体解説通りですね、しっかり甘くてちょっと複雑味があるのを、ガスが引き取る濃醇系風の森の定番の雰囲気。
 いやあ確かに、同じ露葉風の精米歩合70%でも全然違いますねえ…

 それではいよいよ混ぜ混ぜしていただいていきます!

20200512123018531.jpg

 まずはフル1ライト2。
 いやあ、確かに明らかに単品よりバランス良くなった気がしますねえ、むしろフル単品より飲みごたえも増したような…
 ガスや酸味のすっきり感がしっかりありつつ、甘旨もあって、風の森の中でもかなり好きな部類であると感じました。

 で、フル2ライト1。
 う~む、旨いっすねえ…
 フルの味わいの見晴らしがよくなったとでもいいましょうか、甘さや存在感の強さはあまり変わらない印象のまま、飲みやすさやスッキリ感がマシマシって感じです。
 やっぱり私はこの比率が一番好きかなあ。
 
 ちなみに、一応1対1とか比率ちょろちょろと変えてみたのですが、酔いが回ることもあって途中からはあまり良くわからなくなってしまいました…
 温度が変わっていくというのも難しいポイントですね。
 正直唸りながら最適解を探そうとするより、ゆるい気分でいろいろな割合を試して、最後まで自分で味変できるお酒として楽しむのがオススメです(このあたりは人それぞれだとも思いますが)

 後、注意点としては、ビーカーは使う前に洗剤使ってしっかり洗ったほうが良いと思います。
 少し水洗いしただけだと、変な匂いが移っちゃう気がしまして…
 また、最近の風の森らしく、ガスが有ったほうが美味しいタイプかと思います。
 2本セットを、色々楽しみながら早めに飲みきっちゃうのが推奨ですね。

 ブレンドを楽しみつつ、バッチリ美味しく飲める、実に面白いチャレンジングセット酒でした。
 風の森、今後の新しい試みにも注目していきたいと思います!

20200508114635448.jpg 20200508114713121.jpg

名称:風の森 ALPHA TYPE7
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):3,800円/720ml×2+ビーカー
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年05月12日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 風の森 ALPHA TYPE5 (ver.4) | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 光栄菊 「SNOW CRESCENT (スノウ・クレッセント)」 無濾過生原酒 >>

ブレンド楽しいですよね。風の森さん自体がこういうキットで販売してくれるのは面白いですね。
ワイン評論家に田崎真也という方がおられるのですが、その方がとある番組で岩の井さんの年代物を含めたオリジナルブレンド日本酒をプロデュースしていました。
確かドンペリのプロデューサーだったリシャール氏も満寿泉さんのブレンドコラボしていますし、これからはブレンドも見直されると個人的には嬉しいです。

江戸時代とかは酒屋が独自に加水したり、ブレンドして売っていたりしているので、ある種の原点回帰というか温故知新なのかもしれませんが。個人的には龍力の米焼酎と古酒やら新酒やらをブレンドしていたのが懐かしいです。龍力はドラゴン緑が元々そういうコンセプトですが、個人でやってみると楽しいですね。風の森ではやったことはないので、私も手には入ったらやってみようかと思います。

2020年05月17日 龍力大好き URL 編集

>龍力大好き様、コメントありがとうございます。
ブレンドは奥深そうなジャンルながら、自分で試す知見も勇気も無いので、こういう商品はありがたかったです。
お話の通り、著名人によるブレンドっていうのも面白そうですね、日本酒への付加価値の一環として今後増えそうな予感。

表に出ていないだけで、異なるタンクのブレンドの味調整は、蔵元では良くやられていると聞いたことがあったような…  もともと知見はあるところには有りそう。
米焼酎だと実質アル添になりそうですね(笑)
私も、たまに甘いお酒と酸っぱいお酒とかは混ぜてみたくなることはあるので、今度試してみようかなあと思っています。

2020年05月20日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する