FC2ブログ

光栄菊 「SNOW CRESCENT (スノウ・クレッセント)」 無濾過生原酒

家飲み記録 光栄菊 「SNOW CRESCENT (スノウ・クレッセント)」 無濾過生原酒

20200508114049804.jpg  20200508114100970.jpg

 佐賀県小城市のお酒です、早くも二本目の登場。

 つい最近アナスタシアグリーンを飲んだばかりですが、好印象でしたし注目も高い銘柄だと思うので、早速2本目をセレクトしました。
 製品が出たのはアナスタシアよりこっちの方が先だったみたいですね、「お酒ミライ 日本酒レビューブログ」さんが早速記事を上げています(絶賛と言って良いかと)。
 ちなみに私はなぜかこのお酒の名前を「スノウクレッシェント」と思い込んでいて恥ずかしい思いをしました…(クレシェンドと混ざった?)、まあどうでもいい話ですが。

 裏レベルを見ると例によって細かい記載はありませんね。
 兎にも角にも、アルコール度数14度の無濾過生原酒というのがポイントのお酒だと思います。
 そして、そこに積もったオリが風情を感じさせますねえ。

20200508114110180.jpg

 上立ち香は柑橘果実的な爽やかな果実の香りがそこそこに。
 含むと、ハッキリと酸味を纏った爽やかな甘旨味がスルスルと入ってきて、雑味を感じさせないまま、最後までその軽さを維持したまま、勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりグレープフルーツ的な酸味を中心に据えつつ、マスカット的なみずみずしい甘味とほんのりとしたオリ由来の苦味が相まって、飲みごたえをしっかり感じさせつつもとにかくスルスル飲めてしまいます。
 後味は、酸味の余韻をあくまで上品に残しつつ、素晴らしく自然に引き上げていきます。

 爽やかかつ瑞々しい酸と、オリ由来の旨味と苦味が絶妙なバランスを保つ万能酒でした。
 アルコール感が低く、かつ甘旨味が強いとダレそうなもんなんですが、それを酸が見事に全体を整えています。
 アナスタシアグリーンは食中酒特化な雰囲気だったのですが、こちらはオリの存在感もあって食中でも単体でもイケる印象。
 ガスもあると思うんですが、そんなに強くは感じなかったですね、この銘柄の主役はあくまでキレイな酸なのでしょう。
 光栄菊、一期目にして安定感を感じさせるまとまりでした。

20200508114118936.jpg

紹介:お酒ミライ 日本酒レビューブログさんの同商品の記事
http://www.osakemirai.com/archives/31962426.html

名称:光栄菊 「SNOW CRESCENT (スノウ・クレッセント)」 無濾過生原酒
蔵元情報:光栄菊酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年05月10日 佐賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 風の森 ALPHA TYPE7 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 花陽浴 純米大吟醸 無濾過生原酒 吟風 01BY >>












管理者にだけ公開する