FC2ブログ

黒龍 貴醸酒

家飲み記録 黒龍 貴醸酒

20200713123319825.jpg  20200713123328792.jpg

 福井県吉田郡永平寺町のお酒です、当ブログでも何度も登場してますね。

 泣く子も黙る黒龍ですね、今回は「貴醸酒」というかなり特殊な商品になっております。
 貴醸酒の詳細は省きますが、まあむっちゃ甘くなる製法と思って良いでしょう、バランスの良い黒龍がどうなるかが興味深いところ。
 なお、この黒龍の貴醸酒は「日本酒ブログ:酒と魚は生がいい!」のすんさんが以前から激推ししているお酒としても気になっていました。
 が、つい最近まで一合瓶しか出ておらず、私としてはどうしてもコスパ面で二の足を踏んでいたのが実情です(一日で飲んじゃいますからねえ)。
 今回、満を持して四合瓶が出たので、飛びついた次第。

 スペック的には、アルコール度が12度とかなり低いのが気になるところ。
 お値段は税抜き2,000円、どうしても高価になりがちな貴醸酒の中では、かなり抑えてくれている印象です。 


 上立ち香は甘さがありつつ柑橘系の爽やかさも感じる香りがそこそこに。
 含むと、濃厚ながらもクドくない甘味が極めて柔らかい口当たりでトローリと入ってきて、不思議なほどにダレないまま、じんわりじんわりと染み込んできます。
 味わいは、うーむ、何らかの果実を砂糖漬けにしたような実に濃厚かつ甘味主体のものなのですが、恐らく奥の奥に酸を秘めることでダレを防ぎ、かつ兎にも角にも純度が高く柔らかいところが非常に魅力的。
 後味は、濃厚さが嘘のように、自然にデクレシェンド的に引き上げます。

 濃厚な甘味を極めて柔らかく、かつ高純度で楽しませてくれる、異次元のまとまりの甘口酒でした。
 いや~凄い!やっぱり黒龍の技術力はとんでもないなあ…、本当にマイナス要素の排除の仕方が本当に見事。
 まあ貴醸酒なので量飲むと甘さや渋味が若干もたれては来ますが、それが些事に思える程度に魅力的にまとまった味わい。
 いわゆるデザート酒とか、ナイトキャップとしての役割は完璧に果たしてくれると、私は思いました。
 黒龍への信頼度がさらに高まった一本でした、流石の一言ですねえ。

■「日本酒ブログ:酒と魚は生がいい!」さんの同スペック(BY違い)の記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-301.html

20200713123337191.jpg

名称:黒龍 貴醸酒
蔵元情報:黒龍酒造株式会社
購入価格(税抜):2,000円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.7/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年07月23日 福井の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 加茂錦 純米大吟醸 無濾過生原酒 ゴールドラベル | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 信州亀齢 山恵錦 純米吟醸 無濾過生原酒 >>

どうも、いつもお世話になっております。
トラバ、記事紹介ありがとうございます!

このお酒はほんと僕としては一押しでして、飲食さんにも勧めているお酒だったりします。
マイナス要素が少ないというのはまさにまるめちさんの書かれている通りだと思います。
貴醸酒の良さを保ちつつ、一般受けする透明感を出しているのがこのお酒の魅力ですよね。
あとおそらく気分の問題だと思うのですが、寝る前に本でも読みながら小瓶でこのお酒を飲むのもなかなか悪くないので、ぜひ一度お試しください。甘めの恋愛小説だとより気分が乗ると思います(笑)

2020年07月26日 すん URL 編集

>すん様、コメントありがとうございます。
どうもです!無断リンク&トラバ恐縮です。
なんかお久しぶりって感じですね(笑)花浴陽吟風記事にコメントしようと思っていたのについ逃してしまった… 

いやあ良かったですよ、流石に好みが似ているだけあってすんさんが激推しであれば大体私もメロメロです(笑)
本当、万人受けしそうな、実に黒龍らしい貴醸酒だと思いました。
確かに、寝る前に小瓶で飲むのは良さそうですね、いつか試してみようと思います。ただ恋愛小説はハードル高いなあ(笑)

2020年07月27日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する