FC2ブログ

桃の里 純米吟醸 おり酒 生

家飲み記録 桃の里 純米吟醸 おり酒 生

20200716160434181.jpg  20200716160444983.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です、言わずとしれた当ブログ激推し銘柄。

 桃の里は今年も蔵から直送で10本以上買っているのですが、完全に掲載が遅れております…
 今回は、その中でも一番旨かったこのお酒を先行的にご紹介。
 まあ、恐らく超本数限定のおり濃厚生酒なのですが、どうですかこの佇まい!
 白黒コピーに「おり酒」のマジック手書き文字、いやあたまらない手作り感がありますねえ。
 
 裏ラベルもこりゃ純米吟醸のコピーですね、ただ「ぬる燗も推奨」の部分をしっかり手書き修正しているところに真面目さを感じたり。
 お値段は純米吟醸よりお安い1,200円、これは蔵元さんが意図的にサービス価格にしているらしいです、正直安すぎる…
 おり酒を名乗っているだけあって、おりは瓶底に一センチ以上積もっております。

20200716160456233.jpg  20200716160516802.jpg

 上立ち香はあまーい感じの洋梨っぽいフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、おりっぽくて濃厚そのものの甘旨味が若干のトロミを感じさせつつ入ってきて、これまたほどほどに強めの苦渋味と絡み合いながら、最後まで存在感を保ちつつ胃の中に入り込んできます。
 味わいは、印象通り高濃度のオリによって、甘さ、苦さ、渋さがそれぞれマシマシになりつつ、あくまでフレッシュな甘味が主役をはる、濃厚かつ複雑ながらもついついグイグイやってしまう感じがあります。
 後味は、甘さの余韻を残しつつも、酸味がしっかり引き取ってキレます。

 濃厚さ、フレッシュさ、複雑さをガッツリ感じさせつつ、甘さが純然たる主役なのが嬉しい傑作酒でした。
 いやあしゅき…、甘さ一辺倒ではない複雑味やオリ特有の口当たりは、まさに日本酒生酒特有の魅力だと思います。
 この見た目でこの完成度、こういうお酒を知っていることが自分にとってはたまらない喜びなんですよねえ。
 桃の里、やっぱり素晴らしいお酒だと改めて思いました!

20200716160506857.jpg

名称:桃の里 純米吟醸 おり酒 生
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,200円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.8/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年08月02日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 三春駒 「SILKY DROP」 おりさげ純米酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 2020年上半期「今年の私的ベスト日本酒上半期10選」 >>

私の住んでいる近くにもついに桃の里が売り始めました。ただ、その時は睡龍生酛純米2012が滅茶苦茶気になってそっちの方に向ってしまいましたが。今度桃の里を試してみる価値がありそうな記事ですね。同じ市内の櫻室町は置いていましたが、桃の里はあまり見かけなかったので楽しみです。赤磐市と云えば、雄町というイメージですが、この桃の里も雄町なのかなと少し気になりますね。それか岡山だと朝日ですかね。

全然関係ないですが、伊勢丹新宿店で今週の水曜日から一週間姫路の田中酒造さんが店頭販売されるとのこと。買われなくても良いので、個人的には行く価値があると思うのでお薦めしますよ。お酒の管理的に全然関東で売るつもりがないところなので。私もこの前買いましたが、すごく出来が良かったです。 

2020年08月10日 龍力大好き URL 編集

>龍力大好き様、コメントありがとうございます。
へ~、桃の里がアンテナショップ以外で県外に出たんですか!それは驚きですねえ。
まあ桃の里は露骨に甘ですし、龍力大好きさんの好みからは外れそうな… 睡龍の方が無難だと私も思います(笑)
蔵元さん曰く、雄町は最近高くなって使いにくくなったとか。個人的には桃の里といえば朝日のイメージですね。ただこちらも何か目を付けられているようで、若干心配しています。(まさか而今が使うとは…)

情報ありがとうございます!日誌係さんも評価されていて気になっている蔵でした。実際非常に貴重な機会ですね…、何とか時間を作って行ってみたいとおもいます。

2020年08月11日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する