FC2ブログ

桃の里 「純米吟醸ふなくち一番」 無濾過生酒

家飲み記録 桃の里 「純米吟醸ふなくち一番」 無濾過生酒

20201008132540653.jpg  20201008132552146.jpg

 どんどん行きます桃の里、今回はふなくちの「純米吟醸」になります。

 熱心な当ブログの読者さんであれば困惑するかもしれませんね、ぱっと見はちょっと前にご紹介したふなくち純米と同じに見えます。
 が、肩ラベルや裏ラベルを見ると別物だとわかるんですね~、このあたり小規模蔵ならではというか、桃の里らしいというか…
 まあ多分小ロット過ぎて表ラベルを使いまわす必要があるのでしょう、いつもは分かりにくさをディスるところですが、桃の里なのでヨシ!(贔屓)

20201008132603525.jpg

 上立ち香はフレッシュかつ甘さを感じる、高濃度の果実香がそこそこに。
 含むと、ハッキリと甘さを纏った濃厚な旨味が、ガスとともに力強くも柔らかさもある口当たりで入ってきて、最初から最後まで甘さを感じさせながらじわりじわりと染み込んできます。
 味わいは、やはり何となくネクターを彷彿とさせる甘味が厳然たる主役、キウイ的な酸味もありつつ、苦味はほんのりある程度、全体としては実にわかりやすく、かつまとまりが良い印象ですね。
 後味は、甘みの存在感が多分酸の働きで何故か自然に引き上げていきます。

 しっかりした柔らかい甘みがひたすらに心地よい、グイグイいける系フレッシュ芳醇甘旨酒でした。
 開栓直後だとガス感が強くガンガン飲んじゃうのですが、ちょっと落ち着いてくると甘味が出てきてそれぞれ魅力がありますね。
 どちらかというと後者の方が自分好みかと思いつつ、一気に飲んじゃってあまり変化を楽しめなかったのには反省…(むしろ二本買えば良かった)
 花陽浴とは明らかに違う味わいなのですが、甘さの存在感や後引けの良さに通じるものを感じますね、つまり私のどストライク。
 桃の里、このふな口純吟は中でも素晴らしいと改めて思いました。

20201008132618418.jpg

名称:桃の里 「純米吟醸ふなくち一番」 無濾過生酒
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.8/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年10月09日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 桃の里 大吟醸しぼりたて 「春風」 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 桃の里 「どぶろく」 純米 01BY >>












管理者にだけ公開する