FC2ブログ

光栄菊 「Anastasia Green(アナスタシアグリーン)」 無濾過生原酒

家飲み記録 光栄菊 「Anastasia Green(アナスタシアグリーン)」 無濾過生原酒

20200331114329750.jpg  20200331114341085.jpg

 佐賀県小城市のお酒です、銘柄としては初めていただきます。

 このお酒は、先日ハミングバードの記事で書いた通り、愛知の蔵で「菊鷹」を造っていた山本克明杜氏が佐賀の光栄菊酒造に移籍して造ったお酒です(1年目)。
 昨今注目を集めている銘柄なので、最近浅草橋の「SAKE Street」さんに買いに走り、急いで記事にしてみました。
 その筋の情報によると、新生ハミングバード的な位置付けになるとか…

 裏ラベルのスペック情報は非常に貧弱、というか精米歩合や特定名称の記載すらないので、これは意図的に情報削ってそうですね。
 ただ、無濾過生原酒でアルコール度数14度ということ自体が、お酒の特徴を雄弁に語っているとも言えるでしょう。
 菊鷹と違い四合瓶があるのは、買い易くて非常に良いと思います。

20200331114351634.jpg

 上立ち香は酸・セメダイン・フレッシュな、爽やかな香りが控えめに。
 味わいは、最初にまずキレイな印象の酸を感じますね、そして最後までその純度を高く保ったまま、勢いよくかつ自然に喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、ほんのりとした甘さを纏った、柑橘的な青く爽やかな酸味が中心、浮いた苦味は皆無で、とにかくモダンかつライトな印象ですね。
 後味はその酸味が、実に自然かつスッキリと切り上げてくれます。

 モダンかつ万能な食中酒として極めて完成度が高い、薄くない軽やか酸味酒でした。
 いやあ、杜氏が「低アル無濾過生原酒」でどういうお酒を造りたいかと言うのがストレートに伝わってきますね。
 実は今まで私は「新政」ファンに勧められるお酒をずっと探していたのですが、今までなんだかんだで見つからなかったんですよ。
 あまり他銘柄と比べるのも何ですが、これはかなり方向性が近いんじゃないかしら…、新政ファンには是非一度飲んで試してみて欲しいところです。
 光栄菊、前評判以上に今後要注目銘柄だと、思わせてくれる一本でした。

 なお、開栓直後は甘みがあまりに少なくて食事と合わせないと若干物足りないなあと思ったのですが、開栓後少しずつ甘旨味が出てきて酸といい感じのバランスになってきました。
 これは多分バリバリで伸びるタイプですねえ、強さも健在ということは素晴らしいと思います。

20200331114401649.jpg

名称:光栄菊 「Anastasia Green(アナスタシアグリーン)」 無濾過生原酒
蔵元情報:光栄菊酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:SAKE Street(浅草橋)
お気に入り度:8.5(変化も考慮に入れて)/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年04月02日 佐賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 原田 特別純米 無濾過生原酒 令和1BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 和心 純米大吟醸 無濾過生原酒 山田錦 30BY >>












管理者にだけ公開する