FC2ブログ

白老 純米酒 若水65% 槽場直汲み生原酒

家飲み記録 白老 純米酒 若水65% 槽場直汲み生原酒

20200622090610088.jpg  20200622090619964.jpg

 愛知県常滑市のお酒です、ブログでの登場は2回目ですね。

 こちらは名古屋出張時、駅近くの「岡田屋」さんで購入しました、以前には同店で購入した虎変を紹介していますね。
 出張時、あまり時間がないときにはやはり駅近くが便利なんですよね~、私は大体毎年出張先が決まっているので、最近はどこを訪ねるかの候補も固まってきました。
 で、そういう時は東京で売ってない銘柄(の生酒)を選ぶのがセオリーなのですが、今回はタイミング的にあまり生酒が無かったのでこちらのセレクトになりました。
 白老は以前飲んだ印象も良かったですし、じわじわと固定ファンも増えている実力派銘柄という認識です。

 お米についての情報含め、結構しっかり裏ラベルに情報があるのは嬉しいですね。
 蔵元ホームページもちゃんと更新されてますし、情報発信をしっかりしている印象です。

20200622090629446.jpg  20200622090639148.jpg

 上立ち香は、かなり甘さ控えめのメロン的とセメダインを感じる、スッキリとした香りが仄かに。
 含むと、高密度かつ硬質な、そこそこの酸渋を纏った旨味が力強く入ってきて、少々のガス感を感じさせつつ、最後までその引き締まりを保ったまま、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、実にフレッシュかつ酸渋の働きで非常にカッチリとした感じながら、ほんのりとしたメロン的甘さもある、単独・食中両対応な感じのもの、まあ苦味も若干あるので全体的に濃厚かつ引き締まってますね。
 後味は、やはり苦味が引き取る形で、力強くキレます。

 色々な意味で「硬い」味わいが特徴的な、ほんのり甘さのキリリ系フレッシュ酒でした。
 如何せん甘さ控えめなので私の好みからは若干離れますが、イヤな苦み等はしっかり押さえられているので、完成度は高いと思います。
 また、開栓後はじわじわと甘味が乗ってきた気がしますね、相変わらず引き締まりは凄いので、甘口好きならじわじわ飲んだ方が良いかも…、そして生熟適正も高そうな予感。
 白老は今後も追っていきたいと思いました。

 今年度出張時購入酒は取りあえず弾切れ、次からはいつも通りに戻ります。

20200622090700516.jpg  20200622090648698.jpg

名称:白老 純米酒 若水65% 槽場直汲み生原酒
蔵元情報:金虎酒造株式会社
購入価格(税抜):レシート紛失…/720ml
購入した酒屋さん:岡田屋(名古屋)
お気に入り度:8.4/9.0

■おまけギャラリー①:帰りの車内飲み

20200621134622758.jpg  20200621134659801.jpg

20200621134738016.jpg  

 確か駅ビルの百貨店で買いました、直飲みでグビグビ。

■おまけギャラリー②:「リカーワールド21 シバタ」さんで買った初亀

20200622090711521.jpg  20200622090721082.jpg

20200622090730111.jpg  20200622090740209.jpg

 なんか感想記事がどっか行っちゃったので、写真だけ載せときます…

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 白老 純米

2020年06月25日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 風の森 「Come Again」 純米 無濾過無加水生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | きよつる 純米酒 あらばしり 無濾過生原酒 30BY >>












管理者にだけ公開する