FC2ブログ

珠韻 (平成31年3月製造)

家飲みプチ記録 珠韻 (しゅいん) (平成31年3月製造)

20200319133751535.jpg  20200319133759012.jpg

 山形県山形市のお酒です、前回の感想はこちら。
 前回飲んだのは4年前ですが、それから毎年出ているようなので、店舗限定とはいえ結構知られている
 ただ、個人的には外飲み経験も含め、最初に飲んだのが一番美味しかったような…、このあたりは記憶に基づくのでなんとも言えませんが。

 火入れはされているはずですが、3月製造12月開栓なので、ちょっと蔵元の意図しているコンディションではないかも…

20200319134048798.jpg

 上立ち香は甘くスッキリとしたりんご系の果実香が意外と控えめに。
 含むと、上品かつ存在感のある甘旨味が、極めてなめらかな口当たりでスルスルと入ってきて、割と華やかな含み香とそれに伴う苦味の主張もありつつ、最後までまとまりを保ちつつ喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、青りんご的な甘味を中心にしつつ実にかつ濃いめ、含み香は強めながら味の存在感も負けずに良いバランスですね、ただ苦味がかなり強し。
 後味は、苦味の余韻を結構残す形ながら、ダレずに引き上げます。

 非常に上品かつなめらかな甘旨味と、含み香由来の苦味がせめぎ合う、一種独特な香り系芳醇酒でした。
 やっぱり苦いなあ、今となっては、万人受けというより一部の人に刺さりそうな印象のお酒に思えてきました。
 ただ、この値段帯のお酒でこの上品さを味わえること自体がオンリーワンだとは言えるでしょう。
 次はまた他の秀鳳も飲んでみたいと思いました。

20200319134059824.jpg

名称:珠韻 (平成31年3月製造)
蔵元情報:有限会社秀鳳酒造場
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年03月30日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 和心 純米大吟醸 無濾過生原酒 山田錦 30BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 長陽福娘 雄町 純米吟醸 うすにごり 生酒 >>












管理者にだけ公開する