FC2ブログ

初日正宗 純米吟醸 雫しぼり

家飲み記録 初日正宗 純米吟醸 雫しぼり

20200504161125326.jpg  20200504161214733.jpg

 新潟県長岡市のお酒です、家飲み、外飲み含め初めていただきます。
 日本橋高島屋日本酒まつりでの購入酒の7本目にして、トリを飾るお酒です。

 この銘柄については完全に初見で、イベント会場の試飲が初の出会いでした。
 そして、自分の中では唯一このイベントの試飲で衝撃を受けたお酒でもあったりします。
 正直、試飲でちょろっと飲んだだけではなかなか「これは!」というお酒に出会うのは難しいと思っているのですが、こちらはまさにそれでしたね。
 確か生酒も有ったと思うのですが、あえて一番グッときたこの雫しぼりをセレクトしました。

 どうやら蔵元ホームページを最近リニューアルしたらしく、今風の雰囲気になっています(特約店一覧が無いのは寂しいですが…)
 そちらを見ると、初日正宗以外に「越後雪紅梅」「越後長岡城」という銘柄も出しているそう。
 今回いただいたのは、越淡麗精米歩合55%の限定品袋しぼり(確か一回火入れ)で、値段はちょいお高めの2,000円。
 製造年月が10月なので、恐らく蔵元で夏を越えたお酒だと思われます。

20200504161224362.jpg

 上立ち香は濃厚な完熟りんご的果実香が気持ち強めに。
 含むと、まさに完熟果実といった感じのトロっとした甘旨味がなめらかな口当たりで入ってきて、あくまで裏方に徹した苦味が引き締め役をこなしつつ、ゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、煮詰めたかのように濃厚なリンゴ的甘旨味が厳然たる主役、いい感じに味が乗りきったトロミが良いですね~、苦味もしっかりあるのですが旨味が勝って脇役に追い込んでいる感じですね。
 後味はそれでも苦味が引き取る形ですね、口中に若干残りつつイヤらしくはない感じ。

 トロリとした完熟果実の甘旨味がとにかく心地よい、完璧な味乗りの芳醇甘旨酒でした。
 いやこれは私のストライクゾーンど真ん中ですわ…、飲んだ時期も丁度良かったかも知れないですね。
 含み香が華やかで、それ故のケバさもあるのですが、甘味の存在感と袋吊り由来っぽい上品さのおかげでバランスは良いんですよ。
 そして火入れ感が全く無いんだよなあ…、生酒と言われて全く違和感無い存在感とモダンさ、素敵だなあ。
 新潟酒の懐の深さをまた思い知らされてしまった一本でした、長谷川酒造、マークしたいと思います。

20200504161240218.jpg

名称:初日正宗 純米吟醸 雫しぼり
蔵元情報:長谷川酒造株式会社
購入価格(税抜):2,000円/720ml
購入した酒屋さん:高島屋日本橋店(日本酒まつり)
お気に入り度:8.6/9.0

■おまけギャラリー:今回の購入酒
20200424132133807.jpg
 錚々たるメンツと思いますが、個人的MVPは初日正宗!

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年05月06日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 花陽浴 純米大吟醸 無濾過生原酒 吟風 01BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 丹澤山 山廃純米酒 備前雄町 「凛峰」 27BY >>












管理者にだけ公開する