FC2ブログ

菊鷹 ~Hummingbird~ 純米 無濾過生原酒 30BY

家飲み記録 菊鷹 ~Hummingbird~ 純米 無濾過生酒 30BY

20200317121753823.jpg  20200317121803333.jpg

 愛知県稲沢市のお酒です、ブログでの登場は3回目。

 最近、造り手の山本克明杜氏が移籍したことが話題になっている菊鷹です。
 (このあたりについてはSAKETIMESに記事が載っていました
 移籍先で醸した「光栄菊」はマニア間では早速話題になっていますね、概ね好評ですし流石の実力という感じでしょう。

 ちなみに私はブログ始める前に同氏が菊鷹の前に造りに関わっていた「天野酒」も飲んだことがあります(マウント)。
 その時の感想メモには…「上立ち香は微か。含むとスッキリだけどしっかりとしたフルーツ系の甘旨味。無濾過生原酒の良さをバッチリ引き出したお手本のような旨酒。クセもなく完成度高し。」との記載が。
 恐らくそれぞれの銘柄で味わいは変遷しているのでしょうが、安定してハイレベルであることが伺えますね。

 さて、スペックは裏ラベルに分かりやすく記載があるのでそちらを参照してください。
 個人的には、速醸酒母であること、アルコール度数が15度と低めであることがポイントかと思います。

20200317121819663.jpg  20200317121830215.jpg

 上立ち香は酸、甘さ、セメダインをそれぞれ感じるスッキリとした香りがそこそこに。
 含むと、キリリとした酸を伴ったバランスの良い旨味が力強く入ってきて、少々のケミカルな風味や苦味も相まって最後までしっかり引き締まりながら、息の長い感じで染み込んできます。
 味わい自体は、ケミカル風味な酸の存在が中心ながら、甘味を纏った旨味もしっかりあって、力強くせめぎ合う形でバランスを取る感じ、とにかくコシというか芯が強いのが特徴的ですね。
 後味は、浮いたところのない苦酸味がしっかり引き取って、力強くキレます。

 甘酸苦がそれぞれしっかり主張する、極めて密度の高く飲み飽きしない独特のバランス酒でした。
 セメダイン的な含み香は苦手な人もいるとは思いますが好きな人も多いと思います、後結構甘味がしっかりあるのが個人的には嬉しいですね。
 アルコール度数が低めでも、薄い感じがせず、むしろしっかりした味わいなのも流石ですねえ。
 光栄菊への期待を高めてくれる一本でした。
 (ちなみに菊鷹はもう一本買ってあり、常温熟成中だったりします)

20200317121840758.jpg

名称:菊鷹 ~Hummingbird~ 純米 無濾過生酒 30BY
蔵元情報:藤一酒造株式会社
購入価格(税抜):2,600円/1,800ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.6/9.0

■おまけギャラリー:天野酒家飲み時
2548.jpg
天野酒単品の写真を取り忘れたらしい…、2012年の写真になります。

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年03月21日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< まんさくの花 純米大吟醸 一度火入れ原酒 「愛山酒」 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 伊勢五ロ万 純米吟醸 生原酒 >>

こんばんは。ろっくです。

今はやはり、菊鷹から光栄菊は気になりますが、最後の写真の馥露酣。大盃は飲みましたが、馥露シリーズは手にしたいお酒です。8年前ですか、流石です。 じつは菊鷹も未飲です、なにかしら飲めれば。。

2020年03月22日 ろっく URL 編集

>ろっく様、コメントありがとうございます。
最後の写真、それも馥露酣に引っかかるとは流石ですね… 私も同様、未飲銘柄のラベルには引き寄せられてしまいます(笑)
菊鷹は何となく、マニアな居酒屋では寝かせそうな気も… まあ家なら素直に光栄菊買うのが無難でしょうけどね。

後、今更こちらで恐縮ですがイットキーでのリンクありがとうございます!
参考にしていただき嬉しいです。たまたま最近「泰斗」飲んだこともあり(別スペックですが)、さらに親近感が増しております(笑)
今後ともよろしくお願いします!

2020年03月23日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する