FC2ブログ

信濃鶴 「名田造」 純米吟醸 無濾過生原酒

家飲み記録 信濃鶴 「名田造」 純米吟醸 無濾過生原酒

20191230120730655.jpg  20191230120741541.jpg

 長野県駒ケ根市のお酒です、外飲みは何度もしてますが、ブログでの登場は未だ2回目。

 自分としては信濃鶴は、大好きな銘柄ではありながら、「大長野酒祭り」で毎回飲んでいたことや、「旨いに決まってる」と鉄板過ぎたこと、そして製品ラインナップが非常にシンプルで新製品があまり出ないことから、ここ数年家飲みに至っていませんでした。
 が、今回、信濃鶴誕生100周年記念ということで満を持して新スペックであるこのお酒が登場したため、慌てて買いに走った次第です(正直このために銀座まで行きました)。
 このお酒については、水戸の「リカーショップ キナセ」という酒屋さんのブログに非常に詳しい説明がありました。
 それによると「名田造(なたぞう)」とは信濃鶴創業者の次男の名前とのことです、米の産地か何かだと思ってたので意外でした…

 さて、スペックは美山錦、精米歩合49%の無濾過生原酒ということで、いかにも長野って感じですね。
 四合瓶が割高…というか一升瓶が割安だったので、迷わず信頼の一升瓶買い。

20191230120813843.jpg

 上立ち香は若干甘く、程よく熟した感じのリンゴ系果実香がそこそこに。
 含むと、高濃度・高密度の甘旨味が力強くも自然な口当たりで、そして少々のトロミを伴って入ってきて、そこそこ強めながら浮いたところのない苦味でちょうどよい感じで輪郭を整えつつ、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やっぱり長野酒らしいリンゴ的な甘味が主役なのですが、それが実に高密度かつ奥深く、ハッキリとある苦味と見事に一体化して、
 後味は、苦味が引き取る形ながらも見事に自然に引き上げてくれます。

 長野酒らしいストレートな甘旨味を、高密度かつ優しいバランスで楽しませてくれる超お買い得酒でした。
 まず含んだときの甘味が素晴らしく好みで、その後の苦味が強めながらもしっかり甘味とバランスを取って嫌な感じじゃ無いのが良いんですよ…
 鍋島の風ラベルを彷彿とさせる、直球勝負かつ極めて完成度の高いお酒でしたね、そして一度飲んだ経験で比べてしまうと、個人的にはこちらの方が好み。
 信濃鶴への信頼度をぐーんと上げてくれた一本でした、今年も飲みたいです。

20191230120752636.jpg  20191230120802712.jpg

名称:信濃鶴 「名田造」 純米吟醸 無濾過生原酒
蔵元情報:株式会社長生社
購入価格(税抜):3,200円/1,800ml
購入した酒屋さん:たつみ清酒堂
お気に入り度:8.7/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年03月08日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 香取 純米90 生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 磐(バン) 純米 無濾過生原酒 >>












管理者にだけ公開する