FC2ブログ

一本義 柑潤系 純米吟醸 生酒

家飲み記録 一本義 柑潤系 純米吟醸 生酒

20200215104820698.jpg  20200215104831144.jpg

20200225100346079.jpg 20200225100354145.jpg

 福井県勝山市のお酒です、当ブログでは以前一度限定銘柄の「伝心」をご紹介しています。

 「柑潤系」という言葉が目を引きますね、どうやら造語らしく、公式の商品紹介によると「あまうるおしけい」と読むとのこと。
 「辛爽系」という商品も出しているとのことで、どうやらペアみたいな位置付けになっているみたいですね。
 分かりやすくて面白いやり方だと思います、飲み比べもアリなのでしょうが、私としては問答無用で甘い方をセレクト。

 一目見てUVを完全カットしてくれそうな袋に入っているのも嬉しいですね。
 実はこういう袋は取っておくと、後で他のお酒を家熟させるときに便利だったりします。

20200225100401931.jpg

 上立ち香はバッチリ甘い感じのりんご的果実香が気持ち強めに。
 含むと、まさに芳醇な甘味を伴った旨味が少々のトロミを感じさせる口当たりで力強く入ってきて、時間差ででてくる苦味とにぎやかにバランスを取りつつ、ゆっくりと入り込んできます。
 味わいは、蜜たっぷりというかむしろ蜂蜜入りのような完熟リンゴ的甘旨味が主役、酸は少々、苦味はそこそこある程度であくまで脇役に徹してくれて、まさにかん潤という言葉を体現してくれますね。
 後味は、苦味が必要十分な仕事をしてダレずにキレてくれます。

 芳醇甘口酒として、まさにお手本のようなまとまりで、甘さの魅力をひたすら楽しませてくれるお酒でした。
 こういう風に、しっかりコンセプト通りに手堅く仕上げられるというのは蔵の実力の証左だと思っております。
 個人的にはこれに個性やまとまりがさらに加わってくれるとより好きになれそうですね~
 一本義、次はまた別スペックもいただいてみたいと思いました。

20200225100417509.jpg  20200225100409463.jpg

名称:一本義 柑潤系 純米吟醸 生酒
蔵元情報:株式会社一本義久保本店
購入価格(税抜):メモ忘れ/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2020年02月25日 福井の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 大倉 山廃特別純米 麹四段仕込み 中取り無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 七賢 風凛美山 純米 生酒  >>












管理者にだけ公開する