FC2ブログ

川亀 山廃純米 しぼりたて無濾過生原酒

家飲み記録 川亀 山廃純米 しぼりたて無濾過生原酒

20191220125828122.jpg  20191220125836814.jpg

 愛媛県八幡浜市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 前に飲んだのは約5年前でした、その時は一回火入れのひやおろしだったので、生も飲んでみるかと今回セレクト。
 蔵名でググると、どうやら蔵元単独のホームページは無いらしく、愛媛県酒造組合の紹介ページが出てきました。
 個人的に気になったのは「従業員数:3名」の部分ですね、まさに最小限というか、家族経営ということでしょう。
 日本酒蔵はそういうところも多いと聞きますが、それで作られたお酒が鑑評会金賞とったり、東京でもしっかり売られているというのは一種アツい部分かと思ったりします。

 スペック的には山田錦の精米歩合60%、山廃造りと、何となく本格派な雰囲気を感じますね。
 「しぼりたて」との標記ですが、製造5月、開栓8月なので、かなりの生熟コンディションでいただいています。


 注ぐと、おおいい感じの黄金色ですね~

 上立ち香はアルコール香に完熟果実的な雰囲気が寄り添った香りが控えめに。
 含むと、引き締まった旨味が極めて力強い密度で入ってきて、存在感がありながも柔らかな酸味で最初から最後までしっかり引き締まりつつ、存在感を保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、うーん言わば蒸留酒的な、アルコールのスースー感のある、しかし日本酒らしい米の旨味や若干の苦味、そして山廃らしい乳酸感をそれぞれ感じる、複雑かつ高密度ながらもついつい飲んでしまう感じのもの。
 後味は、酸味と抑えめの苦味がしっかり仕事をして力強くキレます。

 日本酒らしい旨味と蒸留酒的なアルコールのキレが両立する、個性派芳醇辛口酒でした。
 やっぱり山廃かつ高アルコール度数っぽい感じが出てますね、これは焼酎とか好きな方イケるんじゃないかしら。
 日本酒としては、もうちょっと寝かせたらどうなるのかというのも気になるところです、それで旨味が乗ってきたときが真骨頂なんじゃないかなあ。
 川亀の「らしさ」を感じた一本でした。

 ちなみに熱めに燗を付けますと、いい感じに開いてきましたね~
 冬ぐらいまで寝かせて熱燗でいただくというのがなかなか良さそうに思えました。

20191220125847755.jpg

名称:川亀 山廃純米 しぼりたて無濾過生原酒
蔵元情報:川亀酒蔵合資会社
購入価格(税抜):メモ忘れ…/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 川亀 純米 山廃

2020年01月12日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 旦 純米吟醸 無濾過生原酒 28BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 鳳凰美田 荒押合併 「愛山」 純米大吟醸酒 無濾過かすみ本生 >>












管理者にだけ公開する