FC2ブログ

天弓 純米吟醸 翠雨 生酒

家飲み記録 天弓 純米吟醸 翠雨 生酒

20191006210400289.jpg  20191006210419631.jpg

 山形県南陽市のお酒です。
 前回の桜雨に続いての紹介。

 こちらも「日本酒ブログ:酒と魚は生がいい!」管理人のすんさんに入手して貰いました。
 唐突な話ですが、私は日本酒ブログの利用の仕方として一番確実なのは「自分の好みと似ているブログを探して、そのオススメ銘柄を飲んでいく」という方法だと思っております。
 すんさんは私のブログを前から参考にしてくれていたようで、好みは完全に同系統なことは判明済み。
 そのオススメ銘柄というのは、まあ自分にとっては必然的に鉄板なわけです、いやあこれもまた、ブログやってて良かったと思えた一事でしたね。

 スペックは、これまた記載ないですが、出羽燦々利用らしいです、精米歩合は55%。
 こちらの特徴的な部分は「マロラクティック発酵」という、一般的にはワイン製造で利用される、特殊な発酵過程を経たものであるということですね。
 同様の製法のお酒として、当ブログでは以前に山形正宗の「まろら」を紹介しています。

20191006210434574.jpg

 上立ち香はスッキリフレッシュなライム的な香りがそこそこに。
 含むと、かなり濃度が高い甘酸味が、少々の苦味を伴って、ギリギリダレを防ぐバランスで、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、一種の爽やかさのある、程よく熟した柑橘系果実の甘酸味が中心で、少々クセっぽい苦渋味が何気に個性を添えています、いやあオンリーワンですね~
 後味は、苦渋酸が引き取る感じの、なかなか面白い引き上げ方。

 独特のスースー感が特徴の、なかなかに複雑な味わいの世界を感じさせる、インパクトのある芳醇甘口酒でした。
 何となくラベルのイメージに引っ張られて、ライムとかの青い柑橘系果実のイメージがありますね、ただ甘味がハッキリ強いのでメインはそれ。
 個人的にはこういう、甘味、個性、飲みごたえの三拍子揃ったお酒は大好きですね~
 そしてやはり何となく二兎に似てる気も…、ただこっちの方が甘味の押し出しが強い印象。
 天弓、今回の2本で自分好みと確信できました、来期は何とか自力入手したいなあ…

■紹介:「日本酒ブログ:酒と魚は生がいい!」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-310.html

20191006210447543.jpg

名称:天弓 純米吟醸 翠雨 生酒
蔵元情報:東の麓酒造有限会社
お気に入り度:8.5/9.0

■おまけギャラリー:並べて記念写真
20191020154426043.jpg
今回はとにかくすんさんに感謝!

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年10月20日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 風の森 愛山80 純米しぼり華 無濾過無加水生酒 30BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 天弓 純米吟醸 桜雨 生酒 >>

どうもです!いつもお世話になっております!
桜雨に続き、翠雨でもリンク、紹介等ありがとうございます。

比較できるほど二兎を飲んではいませんが、ぽく感じるのは生酒だからなのかもしれません。
個人的には天弓は火入れの方が完成されているイメージでして、機会があれば一通り火入れを飲んでいただきたいところです。
とはいってもやはり入手しづらいのがネックですよね。
僕としてはこうやってまるめちさんに紹介してもらうことで、酒販店さんの目に留まらないかなぁと、他力本願ながら考えていたり…

2019年10月23日 すん URL 編集

>すん様、コメントありがとうございます。
こちらこそ、このお酒に関しては感謝感謝です!そういえば、トラバ忘れてたので今やらせてもらいました。

あー、火入れですか。個人的に、生より火入れが好きなお酒って十四代くらいなのですが、すんさんがそう言うなら飲んでみたくなりますね。
ちなみに正直他銘柄との比較については適当にフィーリングで言ってるところも大きかったり(笑)実際飲み比べるとどうかな…

なお、私ごときのブログではまったく影響力はないと思います。影響あれば東京に、桃の里、残心、咲耶美あたりは溢れてますよ(笑) …、そうなって欲しいなあ…

2019年10月25日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する