FC2ブログ

和香牡丹 純米吟醸 ヒノヒカリ50

家飲み記録 和香牡丹 純米吟醸 ヒノヒカリ50

20191125132930993.jpg  20191125132949122.jpg

 大分県宇佐市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらを醸すのは「三和酒類株式会社」、この名前を聞いてピンとくる方も居るんじゃないでしょうか。
 かの有名麦焼酎「いいちこ」の製造元として有名でしょう、ただ公式ホームページによると、「清酒・ワイン・ブランデー・リキュールなどを幅広く手がける総合醸造企業」とのこと。
 その清酒部門が「虚空の蔵」というカッコいい名前の蔵を持っていて、和香牡丹はそこで醸しているようです。(蔵紹介ページの雰囲気にはなんとなくいいちこっぽさを感じる…)
 私としてはやはり、「いいちこのところが造っている日本酒」ということが気になってセレクトしました。

 スペックは、飯米「ヒノヒカリ」を50%と結構削っていますね。
 味わいについて細かく裏ラベルに記載が有るのは好感が持てますが、冷暗所保存可能の火入れ酒なのに「フレッシュさ」があるというのには「ほんとか?」と思ってしまったり…
 5月製造、7月頭開栓です。

20191125132956611.jpg  20191125132940920.jpg

 上立ち香は少々熟感を帯びたお米っぽい香りが控えめに。
 含むと、香り通りの印象の落ち着いた旨味が、しかし仄かなフレッシュ感も纏いつつ、若干のケミカル的な風味・辛さを伴うことで最後まで程よく引き締まったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、なんとなく米を感じる旨味が中心、そこまで古臭い感じはしないのですが、所謂草っぽいニュアンスといいますか、地方酒っぽい雰囲気はある気がします。
 後味は辛さの余韻を残しつつ、しっかりキレる感じ。

 仄かなフレッシュ感と、伝統的日本酒っぽい熟感を不思議に併せ持つ、落ち着いたバランスの中庸酒でした。
 草感も相まって、わりと不思議なほっこり感というか、飲み進めやすさはありますね、晩酌酒としては完成度高いかと。
 ただ、やっぱり個人的にはこの火入れ酒特有の昭和酒感は苦手だなあ…、まあこのお酒はそこまで露骨じゃないので普通に飲めるのですが。
 他のブロガーさんの表現を借りると、もっちゃり感とか地酒的秘境感とかを感じるお酒だと思います。
 和香牡丹、いつか生酒と出会えたら飲んでみたいなあと思いました。

20191125133004542.jpg

名称:和香牡丹 純米吟醸 ヒノヒカリ50
蔵元情報:三和酒類株式会社
購入価格(税抜):1,380円/720ml
購入した酒屋さん:いまでや(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年12月05日 大分の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 竹林 ふかまり 純米吟醸 無濾過生原酒 「瀞」 29BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 吾有事(わがうじ) 純米吟醸 中取り生 30BY >>












管理者にだけ公開する