FC2ブログ

遠州横須賀 葵天下 限定純米吟醸生酒 特撰特醸 山田錦

家飲み記録 遠州横須賀 葵天下 限定純米吟醸生酒 特撰特醸 山田錦

20191014144035662.jpg  20191014144045780.jpg

 静岡県掛川市のお酒です。
 家飲み、外飲みともに初めていただきます、善波酒店での購入酒2本目。

 私は地理や歴史に詳しくないので、現掛川市に横須賀城という城があり、地名としても残っているということを、このお酒を買ってから知りました。
 蔵元ホームページによると、やはり同城を作った徳川家、そして江戸幕府にちなんだ銘柄名のようですね。
 (ホームページの更新が止まっているのは残念)
 瓶の色も相まって、なんとなくシュッとしたデザイン。
 
 裏ラベルにはかなり詳細なスペックの記載がありますね。
 何気に兵庫の山田錦を使って、秋田発祥の1501酵母を使っているのか…、個人的にはこういうスタイルも面白いと思います。
 4月製造の夏酒(どうなんですかね…)で、開栓は6月。

20191014144055663.jpg

 上立ち香はセメダインと酸を感じるスッキリとした香りが控えめに。
 含むと、存在感のある苦味を纏った旨味がキリリとした口当たりで入ってきて、若干の酸も相まって、最後まで勢いを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、フレッシュさのある、ほんのりとセメダイン感を纏った苦味が中心、酸は寄り添う程度で、甘さは僅少、全体の濃度も控えめで、飲み飽きなさ、引き締まり重視って感じですね。
 後味は苦味の余韻をほんのりと残しつつ、しっかりとキレます。

 見た目通りの爽やかさが印象的な、甘さ控え目のキリリ系苦酸食中酒でした。
 苦酸といっても、飲みにくい系の苦味ではないのでグイグイいける感じではありますね、合わせる食べ物も重要かも。
 ただ、如何せん甘味が少なく、濃度も控えめ(いわゆる夏酒っぽい)なので私の領域のお酒ではありませんでした…
 葵天下、もし濃厚系スペックもあるのなら、それを頂いてみたいと思いました。

20191014144106876.jpg

名称:遠州横須賀 葵天下 限定純米吟醸生酒 特撰特醸 山田錦
蔵元情報:山中酒造合資会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:善波酒店(熱海)
お気に入り度:8.2/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年11月18日 静岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

<< TENRYOU(天領) 限定 純米 生原酒 ~American Comic Version~ | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 喜平 夏の生酒 純米吟醸 (静岡蔵) >>

どうもです。
葵天下ですか。渋いとこいきましたね。。

僕も葵天下は何本かいただいたことがありますが
感想はまるめちさんと同じくで好みの味わいでは
無かったです。酵母の使い方とか静岡酒としては
めずらしく「おっ!」っと思うのですが、飲むと
いまいち地味というか突き抜けないというか。

静岡酒でも決してメジャーな銘柄ではないので
思いきって振りきったお酒を出した方が活路が
あるのでは?と思ったりしてます。

静岡酒はそんな超個性的な銘柄はほぼ皆無で
どこかやってくれないかなぁと日々思ってます。

2019年11月18日 P太郎 URL 編集

>P太郎様、コメントありがとうございます。
葵天下は渋いという認識になるんですね(笑)

なるほど~ やっぱりそういう感想になるんですね。二人一致しているなら、まあそういう方向性なんでしょうね。そうなると、スペックのこだわりが謎といえば謎ですが…
小規模蔵は個性で勝負すべきというのは同意です。ただ、どっち系をだすかというのは難しいでしょうねえ。私好みのやつを出してもらえると嬉しいけど、売れるかわかりませんし(笑)

静岡酒は吟醸酒の優等生的なイメージがありますよね。見た目の個性としては森本酒造がちょっと思いつきましたが、あまり飲めていないので私もよく分からないところです。

2019年11月19日 まるめち URL 編集

どうもです。

静岡酒は静岡酵母ありきの蔵が多いですから個性を
出しづらいかもしれません。

あえて静岡酵母を一切使わない臥龍梅や君盃などは
毛色が違う蔵ですが、全国区にはまだ遠いですね。

君盃なんかは上立ち香からも惜しい感じはするの
ですが飲むと垢抜けなくて今一歩という感じです。

森本酒造(小夜衣)は杜氏さんが個性的なので余計
そう映るかもしれません。地元ながら僕も小夜衣は
あまり飲み込めていないので判断は微妙なのですが
確か杜氏の息子さんが造ったお酒をたまに試験的に
出しているので、機会があれば今度やってみようと
思ってます。

2019年11月19日 P太郎 URL 編集

>P太郎様、コメントありがとうございます。
追加情報どうもです。
なるほど、やはり静岡酵母の存在が大きいんですねえ。実はちょっと苦手意識があるかも…

そういえば、臥龍梅はともかく、君杯はほとんど飲んだこと無いですね。今はその評価ですでも、いつか化ける可能性もあるし、チェックしておきたいと思います。

小夜衣は量が少なそうですからね… 試験的なものならなおさら。どこか重点的にやっているお店が近くにあれば良いのですが。

2019年11月20日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する