FC2ブログ

風の森 ALPHA TYPE1 「DRY」 30BY

家飲み記録 風の森 風の森 ALPHA TYPE1 「DRY」 30BY

20191006205430416.jpg  20191006205448791.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 当ブログ殿堂入り銘柄。

 風の森の中で、「アルファ1」は「低アルコール」をコンセプトにしている商品ですが、今回いただくのはさらにその亜種というか、甘さ控え目の限定版になっています。
 ドライという表現は、個人的には辛口よりもわかりやすいというか、どういう味わいを志向しているかがハッキリしているので、個人的には良いと思いますね(というか「辛口」がぼんやりし過ぎ)。
 確か去年から出していたシリーズだと思うのですが、個人的にはやっぱり辛口系は後回しになりがちなのでスルーしておりました。
 しかし、各所の評判が良いのを聞いて(「日本酒とワインブログ。ときどき競馬」さんの感想とか)、結局居ても立ってもいられず調達に走った次第です。
 
 使用米は風の森が得意とする秋津穂、精米歩合は65%です。
 アルコール度は14度で、低アルドライというコンセプトなのに、あくまで無濾過生原酒というのが素敵ですね。

20191006205438974.jpg

 上立ち香は何となくバニラ感のある、上品な甘い感じの香りがそこそこに。
 含むと、確かに引き締まった、しかしほんのりと甘い旨味がチリチリとしたガス感を伴いつつ入ってきて、苦味をあくまで裏方に感じさせつつ、最後までスルスルと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、確かにドライらしく甘味控えめなサイダーといった趣ですね、実に勢いよく、度数以上にスルスルと飲めてしまう危うさがあるかと思います。
 後味は、苦味とガスの働きで流石にスッキリとキレます。

 ”辛口の風の森”として非常に納得感のある、甘さ控えめのチリチリスルスル酒でした。
 私の感想からすると「薄いのでは」と誤解を与えてしまうかもしれませんが、日本酒らしさや飲み応えはしっかりある上で、いつもに比べるとスッキリと考えていただければと思いますね。
 コスパも含め、これなら最初の一杯としてビール等とも戦えると思いますよええ。(まあ入手難度が圧倒的に違うので、結局は代替品として勝負の場に立てないのですが…)
 風の森のチャレンジ精神を感じた一本でした。

紹介:「日本酒とワインブログ。ときどき競馬」さんの同スペックの記事

20191006205507001.jpg  20191006205604474.jpg

名称:風の森 風の森 ALPHA TYPE1 「DRY」 30BY
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):1,130円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年10月14日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 賀名生(あのう) 純米大吟醸 吟のさと 直汲み無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 竹泉 純米生酒 自然栽培米 兵庫錦 2017BY >>

どうもです。(ブログ紹介、恐縮です。)
まるめちさんの評価が「8.4」も納得な感じが
しました。僕も甘口派に傾倒してますので、通常
のシリーズが既に完成形なので「DRY」いる?
って正直思いましたが、いざ飲んでみると、中々
ではないか、と納得させられました(笑)

2019年10月15日 P太郎 URL 編集

>P太郎様、コメントありがとうございます。
例によって無断リンク&トラバ恐縮です(笑)
P太郎さんにはもう伝わっているように、お気に入り度8.4は、「自分のストライクゾーンからは外れるけど、出来の良さが伝わってくるお酒」が軒並み入っている形に、自然になっております。
このお酒なんかは典型ですね~ 若干どうかなと思いつつ、おっしゃる通り飲んでみると納得してしまうという(笑) 
やっぱり需要は大きいカテゴリなんでしょうね。

2019年10月16日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する