FC2ブログ

喜多屋 純米大吟醸 生原酒 「八峰」 (2019年4月製造)

家飲み記録 喜多屋 純米大吟醸 生原酒 「八峰」 (2019年4月製造)

20190607135848937.jpg 20190607135859225.jpg
 
 福岡県八女市のお酒です。
 前回と同銘柄のご紹介です、登場回数は合わせて3回目。

 この「八峰」は2013年に飲んでいます、実に6年振りですね。
 飲んだ時も好印象だったのですが、特に理由も無く間が空きましたね~、近場に特約店が無いと結構ありがちなパターン。
 八峰は限定ブランドのようですね、他の喜多屋との違いが気になるところですが、蔵元ホームページを見ても記載はなさそう。
 ただ裏ラベルには結構詳しい情報が載ってますね、多分契約栽培米、自社栽培米を使っているというのがポイントなのでしょう。
 
 米の品種は福岡の酒米「吟のさと」、精米歩合は50%と結構削っています。
 4月製造を5月開栓なので、割と即開けコンディションですね。

20190607135908184.jpg

 上立ち香は結構熟した感じのワイン的ぶどうっぽい香りがそこそこに。
 含むと、ガッチリ味乗りした印象の、しかし上品な印象の甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、完全に裏方に徹した苦渋味で輪郭を整えつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、極めて複雑な風味を孕んだ、しかし絶妙にまとまった甘味を中心に置いている感じ、複雑さを彩る脇役は渋味ですね~、苦味は寄り添う程度。
 後味は、これがまた見事に自然に引き上げてくれます。

 独特ながらも柔らかさのある、味乗りした印象の奥深い旨味が魅力的な、芳醇甘渋旨味酒でした。
 う~んいいですねえ、極めていい感じにまとまっていると思います、これ新酒なのかなあ、凄く生熟っぽい良さを感じたのですが…
 あと私の場合甘味に焦点を当てちゃいますが、飲む人によっては確かに辛口なのかも…、実際キレは素晴らしいです。
 なんとなくワイン的な雰囲気も感じるのは渋味がそっち系だからかなあ、割と個性的でもあるかと。
 喜多屋、特にこの「八峰」は強くオススメしたいですね。

20190607135917512.jpg

名称:喜多屋 純米大吟醸 生原酒 「八峰」 (2019年4月製造)
蔵元情報:株式会社喜多屋
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年06月20日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 一乃谷 大吟醸 「完美」 斗瓶中取り 無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 喜多屋 純米大吟醸 あらばしり生原酒 >>












管理者にだけ公開する