FC2ブログ

桃の里 しろうま 純米大吟醸 しぼりたて生 立春しぼり 30BY

家飲み記録 桃の里 しろうま 純米大吟醸 立春しぼり しぼりたて生 30BY

20190722154517349.jpg  20190722154526579.jpg

 続けて桃の里です、当ブログでは以前にも「しろうま」を紹介していますが、スペックは全然別物ですね。
 しろうまと言いつつ、おりは「うすにごり」程度の濃度ですね、そしてアルコール度数が12~13と低いのもポイント。
 山田錦の40磨きでお値段1,200円と意味不明な値段設定になっております、多分超限定品っていう位置づけなんでしょう。

20190722154539788.jpg  20190722154614971.jpg

20190722154558462.jpg  20190722154549250.jpg

 上立ち香はお米っぽさが混じった甘い果実香りが気持ち強めに。
 含むと、濃厚ながらも極めて柔らかい感じの旨味が少々のトロミを伴って入ってきて、若干の酸味と奥にある渋味とバランスを保ったまま、ゆるゆると染み込んできます。
 味わいは、うーんやっぱり今期の桃の里らしくキウイ的風味を感じるんですよね、さらに甘さマシマシで苦味はほぼ無し、程よく熟しては居るもののダレてはいない、甘口日本酒として極めて完成度の高い状態に仕上がっています。
 後味は、酸渋が必要最低限の仕事をして、自然に引き上げてくれます。

 桃の里らしい優しい甘旨味の純度が極めて高く、やっぱり優しい酸味と完璧にバランスを取る、異次元レベルのコスパ酒でした。
 味わいは上ではキウイと書きましたが、洋梨かも…、そして低アルだけどダレず、飲みたりなさも無いんだよなあ…
 そしてお値段はどう考えてもおかしいですよこれは…、罪悪感を覚えるレベルですね。
 桃の里、今年も自分が惚れ込んだ味わいを、予想通り、いや予想以上に楽しませてくれました。
 このしろうまは、私の上半期ベスト…というか現時点で今年ダントツでMVPのお酒です!

 ちなみに、個人的には、新酒の時期に蔵元直販で買うことを強くオススメします。
 送料も明らかに赤字の良心ぶりですからねえ…、正直商売的に大丈夫なのか心配になるレベルだったり…

20190722154606621.jpg

名称:桃の里 しろうま 純米大吟醸 立春しぼり しぼりたて生 30BY
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,200円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.9/9.0

■おまけ:平成31年の初めに購入した桃の里
20190929010911864.jpg
 ダブりの純米吟醸は大体外の酒の会に持ち込みました…(評判は上々)。

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年10月01日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< あべ 「THE SAZANAMI」  | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 桃の里 あらばしり 大吟醸 立春しぼり 30BY >>

はじめまして、いつも拝見しています。
今までのレビューを見て触発され、私も来年の新酒の時期に蔵元直販で桃の里を買おうと思っているのですが、まるめちさんは何月ごろに注文されているのでしょうか?

2019年10月01日 みなみ URL 編集

>みなみ様、コメントありがとうございます。
はじめまして、桃の里にご興味を持っていただけて嬉しいです!
今年は2月中旬発注していました。ただ、これは確か純米吟醸の生が出るタイミングを事前に教えてもらった上で、そうした覚えがあります。
基本的にメールの返信は遅いので、できれば早い時期(年末とか)に電話で確認して、自分が欲しい商品が出る時期に発注させてもらうのが、個人的にはベストだと思いますね。
やっぱり桃の里は新酒が別格で美味しいと思うので、是非買ってみてください!

2019年10月02日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する