FC2ブログ

風が吹く 山廃純米生酒

本日の家飲み 風が吹く 山廃純米生酒

fc2_2013-06-19_20-28-27-750.jpg  fc2_2013-06-19_20-29-02-053.jpg

 このブログでも取り上げることの多い、福島のお酒です。
 先日の外飲みで良い印象があったため、今回セレクトしてみました。

 最近結構山廃を飲んでいるのですが、実は昨年はほとんど避けていました。
 というのも、初めて飲んだ山廃(言ってしまうと菊姫の山廃純米)が、あまりに個性的というか、熟成感とナッツ香が強烈すぎてまともに飲み切れず、すっかり苦手意識が刻み込まれてしまっていたのです。
 (火入れだったのがまた苦手な感じだったのかな…、生なら違っていたようにも思えます)
 そんなこともあり、自分の中では山廃らしさ≒熟したナッツ香だったのですが、最近流行りの銘柄の山廃(生)を飲むにつれ、かなり考えが変わってきました。
 今の自分の中では山廃らしさは「乳酸菌由来っぽさを感じるやわらかな酸味」となっています。
 まあ製法の知識からくる思い込みもあるとは思うのですが、実際これが感じられる山廃酒は私の好みに合うことが多いのです。

 前置きが長くなりました、外で飲んだのはうすにごりでしたが、今回は透明です。

 上立ち香は割りとフレッシュな吟醸香。
 含むと、キリッとした印象の旨味が輪郭を整えたまま広がる感じ。
 旨味は甘さ控えめながら、柑橘系の華やかさも感じさせるしっかりしたもの。
 山廃らしいやさしい酸味や少々の辛さもあり、全体のバランスが良い印象です。
 後味は若干の辛さを感じさせ、文句無しのキレ。

 フレッシュさのある芳醇辛口酒という印象です。
 私にはちょっと辛すぎる感もありますが、筋肉質な旨味とこのキレには十分な魅力があります。
 山廃の生酒ということで、旨みや辛さの質が、以前飲んだ山猿にどこか似たところがあるような。
 次は他のスペックも試してみたいと思いました。

 今回燗をつけてみました。
 辛さは相変わらずですが、口当たりはやさしくなる感じです。
 燗との相性は良いようですね、個人的にはぬる燗あたりがオススメ。

 また、開栓後2~3日後の方が、味が丸くなってきて良い感じです。
 ここらへんが外飲みでの好印象に繋がっているのかもしれません。
 こういうお酒は色々と飲みごたえがあって楽しいですね。

fc2_2013-06-19_20-29-34-956.jpg

名称:風が吹く 山廃純米生酒
製法情報:山廃 生酒
精米歩合:55%
酒米:五百万石
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:+4
蔵元情報:合資会社白井酒造店(福島県大沼郡会津美里町)
製造年月:2013/5(24BY)
購入価格(税込):1,420円/720ml
お気に入り度:7.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年06月26日 福島の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

<< 新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女 ファミ通DXパック購入! | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 外飲み雑記in秋葉原1 「きんぼし」 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
https://marumechi.blog.fc2.com/tb.php/127-31322051

ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/27 08:44)

大沼郡会津美里町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2013年06月27日 ケノーベル エージェント