FC2ブログ

(プチ感想)二兎 東洋美人 十の風

家飲み記録番外 「宴会&オフ会持ち帰り酒」

 とある宴会で二兎、とあるオフ会で東洋美人十の風を、開栓後、かなり残っている状態で持ち帰らせて貰えたので、感想メモを残しておこうと思います。
 まあどれも売れ残ったというよりは、出されたタイミングの関係で飲み切られなかったって感じですね。
 そもそも、世間一般の飲み会で出されたらどれも瞬殺レベルのお酒だと思います。
 それだけ、私が参加する酒の会のレベルが高いってことですね(ドヤァ…)

二兎 純米吟醸 出羽燦々五十五 生酒

20190423151922088.jpg  20190425120431118.jpg

 上立ち香は三ツ矢サイダー的な爽やかな感じの香りがほどほどに。
 含むと、濃厚ながらも程よく引き締まった旨味が実に自然な口当たりで入ってきて、控えめな苦酸の働きで最後まで勢いを保ったまま、スルスルと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりなんとなくミント感を伴う、甘味もそこそこある爽やかな旨味が主役、苦味由来で割と奥深い感じもありますね、かなり個性的かつ存在感がある印象。
 後味はそのミント感とほんのりとした苦味でバッチリキレます。

 やはり個性的ですね、固定ファンが着くのに納得感があります。
 一升瓶で若干残ったのをゆるゆるといただきましたが、最後までダレなかったのも流石、

20190425120444990.jpg  20190425120457003.jpg

東洋美人 「IPPO」 新酒生酒 第壱号

20190425120623849.jpg  20190425120643209.jpg

 上立ち香はベリー的な、甘さを感じる果実香が若干強めに。
 含むと、まとまりの良い印象の甘旨味が、かなり華やかな含み香を伴いつつブワッと入ってきて、しかし最後まで甘さの柔らかさを保ったまま、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはりベリー系の甘旨味が主役という印象で、高精白酒の王道を往くような華やかさがあります、ただ変な苦味はちゃんと抑えられていて、そこまで飲み飽きる感はないですね。
 後味は、口中にほんのりと苦味の余韻を残しつつ、しっかり引き上げます。

 個人的には東洋美人はやっぱりこのippoシリーズが好きですね~
 こちらも、華やかな割にダレない感じで、最後まで楽しくいただけました。

20190425120712394.jpg  20190425120657599.jpg


十の風

20190425120534962.jpg  20190425120554600.jpg

 上立ち香はまさにアルコール混じりのバナナ香といった感じのものがそこそこに。
 含むと、かなりまろやかな印象の甘旨味が、若干の辛さや苦味を伴いつつ、前提としては結構引き締まったままでじわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはりバナナですね~それも甘さ控えめで苦味もあって若干青い感じかな、ただバランスはしっかり取れていて、いい感じで飲み飽きなさを演出しています。
 後味は、苦味の余韻を残しつつ、しっかり引き取るタイプ。

 こちらは東洋美人の、北九州市「ひらしま酒店」さんPBのお酒とのことです、そう簡単には飲めないので今回は嬉しかったです。
 モダンな晩酌酒として極めて完成度が高いですね~、これお安いみたいですし、近くで買えたらそれは凄く幸せなことかと。

20190425120607431.jpg

■おまけギャラリー:3本記念写真
20190425120516845.jpg
 「余り物に福がある」という次元を超えて、ハイレベルな3本でした。

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年05月01日 日本酒関連の雑記 トラックバック:0 コメント:2

<< よこやま SILVER 純米吟醸生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 二兎 純米 山田錦六十五 生原酒 >>

十の風4号瓶でたんですね
1升しか売ってなかったと記憶してましたが
お安くって美味いですよね
ひらしま酒店オリジナルの電光石火もメチャ好みでしたよ

2019年05月07日 やす URL 編集

>やす様、コメントありがとうございます。
いやあ正直なところ、私も地元の方が持ってきたものを頂いただけで、詳しいことはまったくわかってないです(笑)
ただ本当にコスパ含め素晴らしかったですね。
ちなみに別の日に電光石火も飲ませてもらったことがあるのですが、おっしゃる通り凄く旨かったです!

2019年05月08日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する