FC2ブログ

蒼斗七星 特別純米65 木槽しぼり 生

家飲み記録 蒼斗七星 特別純米65 木槽しぼり 生

20190620160420484.jpg  20190620160430856.jpg

 島根県安来市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目。

 前回は24BYの純米吟醸をいただいています、実に6年ぶりの家飲みになりますね。
 以前飲んだときは、ブランドの立ち上げ人でもある「青砥秀樹」氏が杜氏として造っていたようですが、同氏はその後同蔵を辞め、「KURAND」の経営で知られるリカー・イノベーション株式会社に就職したようです。
 この辺りはKURANDのサイトにインタビュー記事が掲載されているので、興味があればそちらをご覧ください。
 いやあ色々なパターンがありますねえ…、個人的には「日本酒で食っていく」ということ自体に一種のリスペクトを感じるところです(自分は気楽に飲んでいるので)。

 さて、今回いただくのは「神の舞」同様神様由来の、島根県らしい酒米「佐香錦」を65%まで削った生酒。
 木槽しぼり、というのもポイントですね、人の手による部分が大きく、比較的雑味が少ない搾り方と言われています。
 遮光性に難があると言われる水色瓶ですが、しっかりUVカットの袋に入れてあるのも好印象ですね。

20190620160439736.jpg  20190620160411082.jpg

 上立ち香はかなり熟した感じの杏とかそっち系の果実香がそこそこに。
 含むと、非常に複雑な印象の旨味がグググッと入ってきて、若干口中をピリピリとさせながら、スルスルと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、熟感を纏った杏(?)的な甘酸味と、木香的(か紅茶?)な奥深さ、そしてアルコール的辛さが入り混じった感じのもので、かなり個性的かつ飲みごたえがありますね。
 後味はやはり酸と辛さがしっかり引き取って力強くキレます。

 実に複雑かつ奥深い味わいが特徴的な、いい感じに熟した個性派芳醇旨辛酒でした。
 いやあ何か木香っぽい複雑さを強く感じたのですが、木槽しぼりだからってわけじゃないですよねえ、それとも香り移るのかしら。
 もうちょっとだけ甘ければ私のストライクゾーンだったのですが、逆にこのくらいが好きな人も多いと思いますね、濃いわりに飲み飽きない感じ。
 味わい自体は前回の方が好みでしたが、まああちらは「雫取斗瓶囲い」という反則級のスペックですしね。
 蒼斗七星、機会があればまた別のスペックもいただいてみたいと思いました。

20190620160450157.jpg

名称:蒼斗七星 特別純米65 木槽しぼり 生
蔵元情報:青砥酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年07月18日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 基峰鶴 特別純米 無濾過生 レイホウ 30BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 北島 酸基醴もと(さんきあまざけもと) 純米吟醸生酒 「Motto GOGO」 29BY >>












管理者にだけ公開する