FC2ブログ

栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 赤磐雄町

家飲み記録 栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 赤磐雄町

20190614100805217.jpg  20190614100815763.jpg

 山形県鶴岡市のお酒です。
 完全に当ブログ定番銘柄ですね。

 栄光冨士が相当数出している、純米大吟醸の米違いシリーズの一つですね、実は雄町は未飲だったのでセレクトしました。
 雄町酒というとやはり濃醇なイメージがある上、栄光冨士といえば賑やか味わい系(?)の筆頭ですから、果たしてどうなるのか…
 と、若干恐ろしさもあったのですが、購入先の日本屋さんではいつもガッツリ試飲させてもらえるため、実際は自分好みであることをしっかり確認してからセレクトしております。
 栄光冨士はかなりブレるので、これは有難い限りなんですよね~(実は「暁の翼」と「令月風和」も購入済み)
 
 例によって裏には詳細スペックがあるのですが、赤いラベルだと読みにくいですね…、雄町の精米歩合50です。
 まあ、見た目的にはインパクトがありますね、デカデカと書かれた「雄町」の文字も栄光冨士らしい印象。

20190614100858142.jpg  20190614100915363.jpg

 上立ち香は結構独特な、梨ジュース?的な甘さを感じる香りが気持ち強めに。
 含むと、やはり極めて濃厚な甘旨味がほんの少々のトロミを感じさせつつ入ってきて、そこそこの酸味とほんのりとした苦味でギリギリ輪郭を保ちつつ、最後まで存在感を保ったまま染み込んできます。
 味わいは、少々煮詰めた洋梨的な甘旨味が純然たる主役、酸味がジューシー感とインパクトを添え、苦味がダレを防ぐ、賑やかながらも一種のまとまりがあるもの。
 後味は、ちゃんと苦酸が引き取ってキレてくれます。

 ある意味無濾過生原酒の魅力をお手本のように感じさせてくれる、超芳醇フレッシュフルーティージューシー酒でした。
 個人的には、例えば花陽浴は典型的甘旨系に見せかけて凄さの本質は上品さだと思っているのですが、栄光冨士はガチで濃厚さとインパクトで勝負してくる印象ですね。
 ちなみに正直私は後味についてはよほどダレない限り「キレ良し」と判断してしまうので、そこは自信ないのですが…、でもこれはちゃんとしてると思うんですよ、完成度高いお酒だと私は思います。
 そもそも栄光冨士で雄町なら私は好きに決まってるでしょ!(限界オタク)

20190614100923007.jpg  20190614100907381.jpg

名称:栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 赤磐雄町
蔵元情報:冨士酒造株式会社
購入価格(税抜):1,806円/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年07月05日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 文佳人 リズール 特別純米 おりがらみ生 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 総乃寒菊 「True White」 純米大吟醸 直汲み 無濾過生原酒 >>












管理者にだけ公開する