FC2ブログ

鳩正宗 純米吟醸酒 華想い 直汲み 生酒 30BY

家飲み記録 鳩正宗 純米吟醸酒 華想い 直汲み 生酒 30BY

20190610142151710.jpg  20190610142201694.jpg

 青森県十和田市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目。

 前回いただいた華想い45%の一回火入れの印象が非常に良かったためセレクトしました。
 で、記事のネタを探しに蔵元ホームページに行ったのですが、商品情報に工事中部分があったり、スタッフ日記の更新が数年前で止まっていたりで、何となく寂寥感を感じてしまいました…
 酒質はかなりモダンに寄せている印象なんですけどね、情報発信の要たるホームページがこの状態だと勿体無いと思ってしまいます。
 ただ銘柄の由来が書いてあったのは個人的には嬉しいですね、昭和初期に蔵に舞い込んで神棚に住み着いた鳩を、当主が鳩神様と祀り始めたのが始まりだとか。

 さて、今回はピンクラベルが目を引きますね、スペックはやはり華想い使用、精米歩合50になります、値段は若干お高め。
 前回飲んだのが私にしては珍しく火入れだったので、今回は私がいつも飲んでいるようなスペックを選んだ次第です。

20190610142250419.jpg  20190610142259515.jpg

 上立ち香は実に華やかかつ典型的な感じのリンゴ的香りがかなり強めに。
 含むと、割と香りの印象通りの強い含み香を纏った旨味が、力強くかつ上品さも感じさせながら入ってきて、そこそこの苦味で引き締めら得れつつ喉奥に流れ込んできます。
 味わいはやはりかなり押し出しの強い蜜たっぷりのリンゴ系甘旨味が中心、含み香とともに苦味も結構強めですね、別に崩れてはいないとおもうのですが、極彩色といいますか若干キツい感じ。
 後味は、やはり苦味メインながら割と自然に引き上げていきます。

 極めて華やかな含み香をともなう濃厚な甘旨味が、遠慮しない感じで主張してくる香り系フレッシュ甘旨酒でした。
 甘味は心地よいのですが、しばらく飲んでると、濃厚マニアの私でも、ある時から凄く進まなくなりますね、これが飲み疲れるというやつか…、そういう意味でも典型的な香り系。
 温度が上がってもダメですし、これは露骨に冷酒開栓即飲み推奨ですね、流石に火入れの方がバランス良かったかなあ。
 ともかく、鳩正宗はもうちょっと色々なスペックを飲んでみる必要があると思いました。

20190610142314356.jpg

名称:鳩正宗 純米吟醸酒 華想い 直汲み 生酒 30BY
蔵元情報:鳩正宗株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年06月25日 青森の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 土田 はつしぼり山廃生 「Brewing number1.」 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 一乃谷 大吟醸 「完美」 斗瓶中取り 無濾過生原酒 >>












管理者にだけ公開する