FC2ブログ

土田 はつしぼり山廃生 「Brewing number1.」

家飲み記録 土田 はつしぼり山廃生 「Brewing number1.」

20190611113921852.jpg  20190611113932408.jpg

 群馬県利根郡川場村のお酒です。
 ブログでの登場は2回目。

 土田は以前火入れ純米吟醸をいただいています、その時からラベルは一新されているようですね、実にモダンな雰囲気になりました。
 蔵元ホームページを見ると、方針に「菌と人との酒造り」というフレーズがあるのが目につきます、ラインナップも山廃系に力を入れているようですし自然派な雰囲気が見て取れますね。
 また、個人的には「麹九割九分」とか「菩提もと×山廃もと」といった、非常に変わった製法のお酒を出しているところも気になっています。
 今の日本酒の面白いところは「多様性」だと思っているので、変わり種はどんどん出てきてほしいんですよね。

 さて、今回いただくのは30BY第一弾の山廃生、原酒でアルコール度数16度は結構低めですね。
 特定名称の記載はしていないようですが、純米。
 また品種は不明ですが、地元のお米を使っているようです。


 上立ち香は、乳酸感のあるまろやかな香りがそこそこに。
 含むと、ほどほどの濃度の乳酸系の酸味を纏った旨味が割と軽やかに入ってきて、しっかりと純度を保ったままゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、甘味はかなり控えめで、今風系の山廃のド王道という感じの柔らかな旨酸味が中心にある感じ、けして薄くないのですが後ろ向きの雑味が皆無なので、スルスルいっちゃいますね。
 後味は、酸メインながら、割と自然かつしっかりと引き上げます。

 最初から最後まで実に柔らかい感じの、薄くはないけどスッキリのめる、バランスの良い旨酸酒でした。
 これは食中酒志向という印象ですね~、ただ浮いた苦味が無くて、良い意味で初心者向けでもあると思います。
 そういう意味では新政にも似てるのかもなあ…、まあ滅多なことは言えませんが、「モダン系生もと山廃酒」という大きなくくりでは共通部分があるかと。
 何気にはつしぼりでこの完成度というのも凄いことだと思います、30BY後半ならもっと良くなってたんじゃないかな…
 土田、今後の可能性を強く感じさせてくれた一本でした、次は変わり種もやってみたいですね。

 燗をつけると…、やっぱり酸メインというのは変わらないですね。
 甘さはあくまで控えめながら、口当たりが柔らかくなりつつ押し出しが強くなる印象、これはこれで良いんじゃないでしょうか。

20190611113941390.jpg

名称:土田 はつしぼり山廃生 「Brewing number1.」
蔵元情報:土田酒造株式会社
購入価格(税抜):1,700円/720ml
購入した酒屋さん:鈴傳
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年06月27日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 田酒 特別純米酒 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 鳩正宗 純米吟醸酒 華想い 直汲み 生酒 30BY >>

某ダンチュウに書かれてる通り、土田の杜氏さんは新政で修行して話題ですね。山廃で完全酵母無添加や菩提もと×山廃もとなど面白いことを思いつくのは、土田の杜氏さんが大阪のカプコン本社で働いてたからかも。
日本酒のこれからのキーワードに『木桶』がくるとおもいます。
新政がせっせと木桶で日本酒を醸してて、微生物と新政を尊敬する土田は、そのうち木桶で日本酒を醸してくるとおもいますよ。

ただ、木桶を造る職人さんが大阪にいるそうですが、もう、老体で廃業されるとのことで、その技術を無くすのは勿体ない!と、小豆島のヤマロク醤油さんが大工さんなど巻き込んで技術を教えてもらい、木桶持ってる酒造さんに修理などの技術提供などしてるみたいですよ。

遅い書き込みな上、長々と申し訳ないm(_ _)m


2019年07月06日 debo URL 編集

>debo様、コメントありがとうございます。
どの記事に対しても、いつでもコメントウェルカムですよ~ こちらこそ毎度返信遅くてすみません…

そういえばdancyu登場銘柄でしたか。何だかんだであの雑誌に載るのは勢いある蔵ですよね。
しかし元カプコンだったとは!面白い発想にも納得ですね。

木桶ですか~、新政の人気を見ても確かに方向性としてはこれから伸びてきそうですね。個人的には木香があまり好きではないので微妙な想いですが…
ただ、技術承継がされていくっていうのは素晴らしいことだと思います。しかも発酵繋がりで醤油屋さんが関わってくるっていうのも面白い!

2019年07月08日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する