FC2ブログ

菱湖(りょうこ) 純米大吟醸 おりがらみ生

家飲み記録 菱湖(りょうこ) 純米大吟醸 おりがらみ生

20190605170135204.jpg  20190605170144001.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め、確か初めて頂きます。

 こちらは峰乃白梅酒造の新規、特約店限定ブランドになります。
 峰乃白梅といえば何といっても、「越乃寒梅」「雪中梅」と並び「越の三梅」ということで、泣く子も黙る新潟蔵の雄という印象があります。
 ただ、今回のお酒の見た目は明らかに今風に寄せてきていますね、実際越乃寒梅も「灑」みたいな新商品出していますし、このご時世実力蔵もただ座していては駄目だという危機感があるのでしょう。(逆に雪中梅のブレなさも凄いと思いますが…)
 ちなみにこの蔵は「キングオブモダンライト」なんていう凄い名前のお酒も出しているようですね、結構思いきったイメージ転換を図っているように感じます(そのお酒の感想は日誌係さんがやってました)。

 使用米は「山酒4号」というあまり聞かないもの…、だと思ったのですが調べると「玉苗」のことみたいですね。
 精米歩合はかなり削った45%ですが、お値段は高くありません、原酒表記が無くアルコール度数16度なので多分加水有でしょう。

20190605170152345.jpg  20190605170213269.jpg

 上立ち香は酸を感じる爽やかな果実香がそこそこに。
 含むと、割としっかりと甘味と苦味を伴った旨味が若干粘度ある感じで入ってきて、苦味もそこそこに伴う形で引き締まりつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、あえていうと蜜たっぷりの梨といった趣の、濃いめの甘さ、青さ、苦さをそれぞれ備えた旨味が主役、割と王道ながら、バランスの良さととろみが魅力的ですね。
 後味は若干の苦味を口中に残しつつ、キツくない感じでしっかり引き上げます。

 実に正統派といった印象の、自然に飲めるバランスの良い芳醇フレッシュ甘旨酒でした。
 あ~、老舗蔵が今風を志向して造ったって感じが凄くわかりますね、「やろうと思えばそっち系だって造れるんだぞ」的と言いますか。
 ただ、個性とか飛び抜けた魅力のようなものは薄いかもですね、そのあたり突き抜けてやんちゃになれないのも、いかにもという感じで微笑ましいかも…
 菱湖、峰乃白梅と共に、今後注目していきたいと思わせてくれた一本でした。

20190605170202397.jpg

名称:菱湖(りょうこ) 純米大吟醸 おりがらみ生
蔵元情報:峰乃白梅酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年06月11日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 澤屋まつもと 守破離 山田錦 生酒うすにごり | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | shirakiku(シラキク) BLACK LABEL 純米無濾過生原酒 vibrant(ヴィブラント) >>












管理者にだけ公開する