FC2ブログ

播州一献 純米生原酒

家飲み記録 播州一献 純米生原酒

20190423151506957.jpg  20190423151516853.jpg

 兵庫県宍栗市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 こちらを醸す山陽杯酒造で、2018年11月にかなりの規模の火事が有ったのは記憶に新しいところです(はせがわ酒店さんのホームページに写真付きの記事がありました)。
 不幸中の幸いで、人的被害がなく、醸造関連の設備にもあまり影響がなかったとのことでしたが、それでも大変な苦労の中出荷されたであろう、30BYの新酒が今回のお酒になります。
 こういうときは一人の酒飲みとして「飲んで応援」するというのがやっぱり良いと思うんですよね、皆ハッピーということで。
 (ちなみに火事直後外飲みもしています

 さて、スペックはラベルに非常に詳細な記載が有ります、これ系のラベルはマニア心をくすぐりますね(凱陣とか亀泉cel-24とか)。
 また、肩掛けラベルには現状のお知らせと「感謝」の記載、こういうのは素敵ですね。

20190423151547232.jpg  20190423151601197.jpg

 上立ち香は結構濃厚な印象の、セメダイン混じりのフレッシュな香りが控えめに。
 含むと、しっかりと酸が効いた引き締まった旨味が力強く入ってきて、ほんのりとした程度の苦渋味も相まって、最後までキリリとした印象のままゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、甘さ控えめのフレッシュな芳醇辛口といった趣の旨味が主役、苦渋味が浮いた感じではないので、旨味をじっくりと楽しめる印象ですね。
 後味は、酸メインで引き取る形で見事なまでにキレます。

 フレッシュな酸によるキレが心地よい、実に新酒らしい今風の芳醇辛口酒でした。
 やっぱり以前飲んだ「ののさん」に比べると甘さ控えめですね、酸も相まって日本酒度+-0とは思えないレベルの引き締まりがあります。
 個人的ストライクゾーンからは外れますが、たまにこういうキレ酒も飲みたくなります、地酒の多様性万歳。
 播州一献、逆境をバネに躍進されることを祈りたいと思いました。

 開栓後数日経つと、口当たりが丸くなりますね。
 なんか甘味もハッキリ出てきましたし、これはこっちのほうが断然良いなあ、即飲みは損なお酒かも。

20190423151535803.jpg  20190423151526719.jpg

名称:播州一献 純米生原酒
蔵元情報:山陽杯酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 播州一献 純米

2019年04月28日 兵庫の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 二兎 純米 山田錦六十五 生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 竹林爽風(ちくりんそうふう) 特別純米酒 しぼりたて >>

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019年04月29日 編集

コメントありがとうございます。
了解です、今回は災難でしたね…
引き続きよろしくお願いします。

2019年04月29日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する