FC2ブログ

(森泉) 純米生原酒 しぼったまんま

家飲み記録 (森泉) 純米生原酒 しぼったまんま

20190219100216730.jpg  20190219100224902.jpg

 宮城県大崎市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、こちらは仙台出張時に購入しました。

 非常に充実した日本酒コーナーがある地場の百貨店「藤崎」に行って、萩の月の簡易包装と共に地酒を買って帰るのが、自分の中では仙台出張恒例になっていますね。
 これも完全初見銘柄、蔵元ホームページを見ると、蔵及び関連施設の案内に非常に力を入れているようです。
 国登録有形文化財の日本家屋「昭和レトロ館」なんてのもあるらしく、なかなか興味をそそられますね。
 
 あまり詳細なスペック情報は無いですが、精米歩合60の生原酒、「おり」はかなり濃い目。
 しかし、地方に多いのですが、こういう一見して銘柄がわからないラベルって良くないと思うんだけどなあ…
 穴開き栓で、ダレが心配なので、11月中に開栓していただきました。

20190219100234799.jpg  20190219100301337.jpg

 上立ち香は極めて濃い感じのフレッシュなメロン的な香りがそこそこに。
 含むと、やはり超濃厚で青い甘旨味がわりとトロリとした口当たりで入ってきて、新酒らしい若干キツめの苦味とせめぎ合いつつ、濃度を保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、メロン的な青い甘旨味が主役なのですが、ガス皆無で早くも水飴的な若干のダレを感じるかも、新酒的苦味やエグ味もありますね、ただ甘味の存在感であるていど許せる感じ。
 後味は、苦甘を若干口中に残しつつも、苦味が引き取る形で引き上げます。

 極めて濃厚かつ新酒らしい甘旨味をストレートに、しかし若干重い感じで味あわせてくれるお酒でした。
 いやあこれならガス感あった方が良いでしょう~、まずは穴開き栓をやめるところから始めてほしいところ。
 とは言え、製造物責任の観点からは難しいんでしょうね…、なにか穴開き栓に代わる画期的なパッケージ方法が開発されることを切実に願った今日この頃。
 森泉、次出会ったときは通常の生をいただいてみたいと思いました。

20190219100243906.jpg  20190219100251865.jpg

名称:(森泉) 純米生原酒 しぼったまんま
蔵元情報:森民酒造店
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:藤崎(仙台)
お気に入り度:8.2/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 森泉 純米

2019年03月12日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 天上夢幻 純米吟醸 生詰熟成蔵隠し  | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 虎変(こへん) 特別純米 >>












管理者にだけ公開する