FC2ブログ

真・女神転生4クリア!とりあえず感想

 というわけで、なんとか一週間でクリアしました。
 さしあたりの感想を書きますが、多少のネタバレは避けられないのでご注意ください。

 ルートは今回ロウとなりました。
 途中まで自然に選んで行ったらロウに寄ったのでそのまま行った感じです。
 昔はカオスに行きがちだったんですが、私も年をとったのかな…。

 クリア時間は32時間、レベルは75です。
 初回はわりと寄り道せずに進める派なので、速い方なのではないかと。
 最終メインパーティーは主人公、屍鬼アリス、鬼神ビシャモンテン、妖鬼ベルセルク。
 後述しますが、アリスは本当に優遇されてますね。

 全体的な感想としては、素晴らしく面白かった!

 ストーリー面ではかなり原点回帰の感が強かったですね、ロウルートは相変わらずひどい展開でした(笑)。
 並び立たない選択をプレイヤーに強いるところや、仲間との相克展開はまさにメガテンという感じ。
 この救われない感は他ではなかなか味わえないと思います。
 (ところで、真1カオスヒーローの最期の台詞は、私が何十とやってきたRPGの何千何万の台詞の中で、最も印象に残った台詞の一つだったりします。あれは本当に良い物だ…)

 ゲームバランス面では、ファーストインプレッションのとき感じたよりは簡単だったなあというのが正直なところ。
 主人公を魔速極振りで育てたところ雑魚戦ではあまり苦戦しなくなりましたし、ランダマイザとラスタキャンディを始めスキルが揃ってくるとボス戦も詰まることは無くなりました。
 何よりショックだったのは、ラスボスを初見撃破できてしまったことですね…。
 ラスボス戦なら、初見絶望を味あわされて泣く泣くレベルアップを強いられるぐらいの苦渋を味わいたかった…。
 とはいえ、それはアトラスバランスに調教されてしまった人間のわがままでしょう、普通に考えれば十分手応えのある難易度です。
 二周目でハードモード解禁らしいので、そこに期待。

 後つらつら書いていくと、合体法則はちょっと底が浅いかなという感じ。
 スキル継承はソウルハッカーズぐらいに縛りがあったほうが個人的には楽しいような。
 合体時に過去作のアレンジBGMが流れるのは◎。
 悪魔ラインナップはなかなかグッドで抑えるところは抑えてます、ストレンジジャーニーから結構出てましたね。
 マンセさんが出てきたときはビビったけど、ロウルートではちょい役だった…、使えるのかな。
 まだ蝿様に会えていないのはちょっと不安だったりして。
 新悪魔デザインは、個人的にはやっぱりダメなものが多いと思う、大天使はアリのような気がしたけどリリスと閣下はちょっとイメージに合わなすぎる。
 
 いつまででも書き連ねてしまいそうなので、感想はここまでにしておきます。
 冷静にみると文句の方が多い気もしますが(汗)、それも愛ゆえのワガママということで。
 実際これほどにハマったゲームは久しぶりでした、世界樹Ⅳ以来かな。
 今後はさしあたりカオスルートをさっと終わらせてニュートラルに進みたいところです。


 最後に、うちのアリスを紹介(自慢)。(追記)最終形はこちら
 fc2_2013-05-31_00-37-22-136.jpg
 連れ歩き用のためチャクラウォークを入れたのですが、エナジードレインで十分でした、あとデクンダも要らなかった。
 しかしこのスキル構成でも、加入からラスボス戦までずっとレギュラーという活躍ぶりでした。
 弱点の無い相性、かなり早期でのランダマイザ、そして何よりステ異常無効が素晴らしい安定感を見せてくれました。
 速さとHPの低さという難点もありますが、それでも圧倒的に優遇されているといえるでしょう。
 最近ちょっと決め台詞の「死んでくれる?」を連発しすぎなのが気になりますが、これからもメガテンの裏ヒロインとして君臨してくれそうに思えます。

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: DS

2013年05月31日 ゲーム トラックバック:0 コメント:0

<< 鉄砲隊 純米吟醸 瓶囲い一つ火 22BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | ヤマサン正宗 純米吟醸 佐香錦 おりがらみ生 >>












管理者にだけ公開する