FC2ブログ

菊盛 純米吟醸 にごり酒 「春一輪」 本生酒

家飲み記録 菊盛 純米吟醸 にごり酒 「春一輪」 本生酒

20181128100138732.jpg  20181128100149663.jpg

 茨城県那珂市のお酒です。
 ブログでの登場は3回目ですね。

 菊盛は割と最近出会った銘柄ですが、安定して完成度の高さを感じ、実力派のお酒だなあという印象があります。
 つい最近秋葉原近くの商業施設、「マーチエキュート」内に蔵元直販のお店を出したようでして、私も今回そこで購入してきました。
 なかなか攻めた経営姿勢ですね~、ちなみに併設された「常陸野ブルーイング・ラボ マーチエキュート神田万世橋」では同蔵のクラフトビールをいい感じの雰囲気の中いただけるようでした。
 梅酒も人気のようですし、地酒蔵の商品の多角化の成功例って感じですね。

 今回いただくのはしぼりたてのにごり酒、いかにも季節ものですね、精米歩合は55。
 気になるのは青系の瓶なんですよね、瓶自体に着色がされている問題の「薄青瓶」ではないようですが…
 個人的経験から来る私の姿勢としては、そもそも青系は恐らく遮光性の面でどうにも保存性に劣るように思えています。
 6月製造、9月開栓になります。

20181128100157909.jpg  20181213120303605.jpg


 上立香は、セメダインとガス、それにほんのりと甘さが混じった香りがそこそこに。(気のせいか生ひね感が少々あるような…)
 含むと、しっかりとした甘旨味が強めのガス感を伴ってシュワシュワと入ってきて、最後まで存在感を保ったまま、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、完熟マスカットを彷彿とさせる甘酸味が中心にあって、ガスも相まって奥深いサイダー的な印象がありますね、浮いた苦渋は皆無で、濃厚ながらいくらでも飲めそうな感じ。
 後味は、少々渋味が出つつ、割と自然に引き上げます。

 「強い」という言葉が思わず浮かぶ、インパクト、濃度が強烈な印象を残す、深みのあるシュワ旨酒でした。
 基本インパクトがありながらバランスも取れている印象なのですが、(先入観からか)やはり後ろ向きの老ね感があって、それがしつこさにつながっているような…
 前回は数ヶ月寝かせてもむしろ上がっていた印象なので、やっぱり私は青系瓶で、製造から数ヶ月経った、生酒に関しては、ちょっと警戒することにします。
 とはいえ、菊盛については、今後も注目度を上げていきたいと思いました。

20181128100206634.jpg  20181128100215433.jpg

20181128100223785.jpg

名称:菊盛 純米吟醸 しぼりたて 無ろ過原酒 29BY
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:15~16%
日本酒度:+3
蔵元情報:木内酒造合資会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
購入した酒屋さん:木内酒造 神田万世橋店(マーチエキュート内)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 菊盛 純米吟醸

2018年12月23日 茨城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 八反錦 30BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 桃の里 大吟醸 >>












管理者にだけ公開する