FC2ブログ

脱兎 60 純米 無濾過生原酒 28BY

家飲み記録 脱兎 60 純米 無濾過生原酒 28BY

20181213101122690.jpg  20181213101131592.jpg

 京都府京都市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらを醸すのは羽田酒造、蔵元ホームページを見ると、商品ごとに色々な銘柄を名乗っているようでちょっとわかりにくいですね…
 多分「蒼光」「初日の出」が通常銘柄という位置付けなんでしょう、で、この「脱兎」は最近立ち上げた限定銘柄のようです(地酒あるあるパターンですね)。
 購入先の登酒店さんの商品紹介には「銘柄の由来には、孫子の兵法にある”脱兎之勢”に”北山の白ウサギ”を重ね合わせています。」という解説がありました。

 精米歩合は60、使用米は地元京都の酒米「京の輝き」のようです。 
 しかし、ラベル記載情報は凄く少ないですね…、限定ブランドの情報発信の基本的な部分だと思うので、この辺りはしっかりやってほしいなあ。


 上立ち香は落ち着いてかつカカオ的な香ばしさのある香りが控えめに。
 含むと、独特な草的風味を伴った旨味がスルスルと入ってきて、少々の酸と苦味も相まって、最後まで勢いを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、かなり味乗りしてきた印象の旨味が芯にあるのですが、青っぽい草感、柔らかい酸、ほんのりとした苦味により、割とスイスイ飲めてしまう印象。
 後味は、ほんの少々の苦味を口中に残しつつ、しっかりかつ自然に引き上げます。
 
 熟しつつもダレ感皆無の、独特の飲み進めやすさが印象的な個性酒でした。
 アルコールも相まってミントというか、独特のスースー感があるのが面白いですね~
 後なんか鼻に抜ける香りに穀物感もあるような…、いやあなかなか複雑で玄人好みの味わいのような気がします、ハマる人はハマるタイプのお酒かと。
 脱兎、次は新酒コンディションでもいただいてみたいですね。

20181213101148674.jpg  20181213101140908.jpg

名称:脱兎 60 純米 無濾過生原酒 28BY
精米歩合:60%
使用米:京の輝き
アルコール度:17.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:羽田酒造有限会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 脱兎 純米吟醸

2019年01月15日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 倭姫(やまとひめ) 純米吟醸 無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 獅子吼 純米吟醸 無濾過生原酒 >>

京都酒良いですよね。本当に。脱兎は確か浅野日本酒店で飲んだ記憶がありますが、飲み始め頃にいただきましたが、すぐになくなってしまうぐらい個人的にはあまりに喉のひっかかりなく飲んだお酒でしたね。山芋の醤油漬けと食べて満足したなあと感じたような覚えがあります。

全く別件ですが、池袋の平喜屋というお酒の流通系の卸の会社があるのですが、そこで今月の23~25日に有料試飲会やっているので、参ってみてはいかがですか?生系のお酒とか結構置いてますし、23日には仙介の酒蔵さんが来てるらしいですよ。流通限定ものも置いてあるので、個人的にはまるめちさんのそこで面白いお酒に当たったら面白いなと思います。業界の回し者ではないので、行くも行かないも個人の自由ですが。

2019年01月16日 龍力大好き URL 編集

>龍力大好き様、コメントありがとうございます。
そうなんですよ、最近京都酒の層の厚さと安定感は凄いなあと思っていたところです。伏見だけじゃないっていうのもポイントかと。
脱兎は確かに浅野さんが置いてそうな雰囲気のお酒ですね。方向性的には。甘さ偏重派の私より龍力大好きさんの好みの方があっているかも。

試飲会ですか、情報ありがとうございます。平喜というお酒は前に飲んでますね。ホームページを見ると源流は同じだそうで、若干親近感がわきます(笑)
ただその辺りの平日夜は厳しいかな… 個人的には一杯ぐらいだと味が判断できないので、試飲会参加には消極的だったりもします。

後、昨年末に龍力飲みました(山田錦純米生原酒)。いやあ良かったですね~ ただ、感想は相当後になってしまいそうです…

2019年01月18日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する