FC2ブログ

栄光冨士 「SURVIVAL 2018」 純米大吟醸 無濾過生原酒

家飲み記録 栄光冨士 「SURVIVAL 2018」 純米大吟醸 無濾過生原酒

20181121101410586.jpg  20181121101420336.jpg

 山形県鶴岡市のお酒です。
 相変わらずかなりの頻度でご紹介していますね。

 栄光冨士はド派手なラベルが一つの特徴となっていますが、サバイバルはその中でも最たるものという感じですね。
 以前私が飲んだとき(2年前)から色が変わって、青色の迷彩柄というさらに良く分からない雰囲気になっています。
 裏ラベルも相変わらずごちゃごちゃしてますね~、ちっちゃく書いてある「episode:01」って一体なんやねん(新発売じゃないのに…、ロット?)。
 ただ、スペック情報については、ろくに情報公開しない蔵元よりは遥かに真摯だとも、個人的には思います。

 その裏ラベルにもあるように、サバイバルは山形の酒米「玉苗」を使用したお酒です、精米歩合は50%。
 これで初めて知りましたが、玉苗って山田錦と金紋錦を交配させた種なんですねえ、なかなかのサラブレッドかと。
 
20181121101435044.jpg

 上立ち香は非常に濃厚華やかなピーチ的果実香がかなり強めに。
 含むと、インパクトのある甘旨酸味が若干のトロミを纏いつつグーッと入り込んできて、時間差で出てくる苦味で強引に引き締まりを保ちつつ、最後まで高濃度のままで染み込んできます。
 味わいは、甘味の存在感がとにかく強く、含み香がプンプンする上に吟醸的苦味もかなりあり、さらに少々の薬臭さも感じる、一種の強烈さのあるものなのですが、意外なほどに一種のまとまりがあって、嫌味を感じないんですよね。
 後味は、やはり苦味が引き取る形ながら、割とちゃんと引き上げてくれます。

 「日本酒ネクター」という言葉が頭に浮かぶ、一種の完成形を見せてくれる超濃度甘旨酒でした。
 これは「下品」と感じる人も居るかも知れません…、が、私はやっぱり大好きですわ、少々の粗さを甘味の魅力でねじ伏せるこのストロングスタイル。
 これぞ無濾過生原酒って感じなんですよね、まさに今の世の中になって初めて現れることができたお酒の一態様と言えるでしょう。
 栄光冨士の魅力を改めて思い知った一本でした、今後も【超】お気に入り銘柄として不動の位置を占めそうです。

20181121101453492.jpg  20181121101444144.jpg

名称:栄光冨士 「SURVIVAL 2018」 純米大吟醸 無濾過生原酒
精米歩合:50%
使用米:玉苗
アルコール度:16.5%
日本酒度:-2.0
蔵元情報:冨士酒造株式会社
購入価格(税抜):1,656円/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.7/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年12月11日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 甲子林檎 (きのえねアップル) 純米吟醸生 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | まんさくの花 純米吟醸一度火入れ原酒 「愛亀ラベル」 >>












管理者にだけ公開する