FC2ブログ

MIYASAKA CORE 純米生原酒

家飲み記録 MIYASAKA CORE 純米生原酒

20181026131829004.jpg  20181026131837695.jpg

 長野県諏訪市のお酒です。
 同蔵のお酒としては、以前に真澄のうすにごりをご紹介していますね。

 今回「酒の勝鬨」さんまで足を伸ばした最大の理由が、このお酒です。
 実はこのCORE、今年の大長野酒祭りで飲んだ数十種類のお酒の中で一番印象が良かったんですよね。
 その時に蔵元さんと話したのですが、このお酒自体、あの「風の森」からガッツリ技術協力を得つつ造られたものだそうです。
 裏ラベルに記載のある、酸化を極力排除した新たな搾り方というのは、風の森の「笊籬採り」を下敷きにしつつ、さらに自蔵の技術を駆使して考案したものだとか…
 そもそも真澄は、風の森がメインで使用している「7号酵母」の発祥蔵ということで、協力関係の下地はあったようですね。
 蔵元さんのお話を聞く限り、風の森への謙虚かつ率直なリスペクトが伝わってきて、個人的にはとても好感が持てました。

 スペックは精米歩合60%の生原酒、使用米はラベルに記載無いですが美山錦のようです。
 ただ、お値段は四合瓶で2,000円オーバーとなかなかなもの…、まあ仕方ないのでしょうが、この辺りも風の森を見習ってほしかったなあ(ちなみに「突釃(つきこし)」という別の限定品もあるのですが、そっちはもっと高い)。
 4月製造、8月開栓です。

 ちなみに購入前には「長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳」さんの記事を参考にさせていただきました。
 そして、最近掲載された「日本酒感想日誌」さんの記事を見て初めて、ラベルが7号酵母の「7」の文字を模していることを知りました…、いやこれはわかりませんて。

20181026131846182.jpg  20181026133134661.jpg

 上立ち香はアップルサイダー的な爽やかな香りがそこそこに。
 含むと、非常に濃厚な甘酸旨味がチリチリとしたガス感を纏いつつ入ってきて、少々の渋味的な奥深さを裏側に感じさせつつ、じんわりと染み入ってきます。
 味わいは、リンゴとマスカットのブレンド?のような甘酸味を中心にしつつ、それに一体化して浮いたところのない渋味が伴うことで複雑味を加えるのですが、それを雑味とは全く感じさせないまとまりがありますね。
 後味は、ガスと酸渋の働きで、しっかりと、かつ自然にキレます。

 インパクトと奥深さを備えた甘旨味を、高純度かつ重く無い感じで味わわせてくれる、極めて高次元でまとまった芳醇甘旨酒でした。
 いやあ実際この味を出されてしまうと、値段が高いみたいな文句は付けられませんわ、むしろお値段以上と言ってよいでしょう。
 原材料費から自動的にされるような値付けだけでなく、こういうこだわりのお酒の価値がちゃんと評価されて、しっかりとした販路を確保できれば、日本酒業界をもう一歩前に進めることができるのではないか、そんなことまで考えさせてくれたお酒でした。
 (まあ一消費者としては安いに越したことはないという思いもあるのですが…)
 MIYASAKA、真澄の新ブランドとして非常に期待できると思います、今後要注目ですね。

紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-2599.html

紹介:「長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳」さんの同スペックの記事
http://blog.livedoor.jp/namappi/archives/1071103128.html

20181026131854878.jpg

名称:MIYASAKA CORE 純米生原酒
精米歩合:60%
使用米:美山錦
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:宮坂醸造株式会社
購入価格(税抜):2,200円ぐらい(レシート紛失…)/720ml
購入した酒屋さん:酒の勝鬨(築地)
お気に入り度:8.6/9.0(値段を考慮に入れても)

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年11月18日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< えぞ乃熊 純米吟醸酒 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 月の輪 特別純米生原酒 27BY >>

お疲れ様です。COREはまるめちさんのツイートを見た週末に勝鬨酒販に行って美寿々と共に購入しました。
(箱入りとは知らずえらい探しましたが)
まるめちさん書いている様に濃厚甘旨でガス感も凄くとても好みな味でした。
1合程度を1週間ほどおいて呑みましたが、ガス感は無くなりましたが変な味の変化はなく素晴らしい出来だと再認識できました。
新酒の時期になり今年は鳳凰美田で新酒口開けしました。まるめちさん購入のゆきの美人も購入済み(すでに空)です。

2018年11月19日 さざび URL 編集

>さざび様、コメントありがとうございます。
おお、そこまでスピーディーに反応していただけるとは!ブログ管理者冥利に尽きます… しかし、ブログではちゃんと箱画像載せてるんですけどね(笑)twitterでは略しちゃってるんで混乱させてしまい恐縮です。
味わいは、私と好みが似ている方には鉄板でしょうね~ まさに笊籬採りを十分に研究して、その良さを取り入れたお酒になっていると思いました。
新酒第一弾を鳳凰美田にするというのも鉄板セレクトですね、私も去年やっております。ゆきの美人は発泡系目当てで買いましたが、まさか先を越されるとは(笑) 実は私はまだ新酒家飲みしていないので、本日満を持して花陽浴を開ける予定です。

2018年11月20日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する