FC2ブログ

総乃寒菊 純米大吟醸 無濾過生酒 29BY

家飲み記録 総乃寒菊(ふさのかんきく) 純米大吟醸 無濾過50 生酒

20181121101225260.jpg  20181121101235970.jpg

 千葉県山武市のお酒です。
 家飲みは2回目ですね。

 総乃寒菊については、IWC2013の千葉トロフィーを受賞したことをきっかけに、2016年に一度家飲みしています。
 その時は正直なところ今風のお酒としてはこなれていない感があり、そこまで印象に残らなかったのですが、最近何となく攻めたネーミング(OCEAN99とか)の商品が出てきたり、東京での取り扱い店が増えてきていたり、気になる変化を感じていました。
 その上、例によって日誌係さんが先に重点チェックしているのを見て、今回購入に踏み切った次第です(いつもお世話になっております)。
 
 店頭には何種類か並んでいたのですが、試飲の上で、スタンダードなネーミングのこちらをセレクト、精米歩合50の純大生です。
 この蔵は九十九里浜の真ん中(の山側)にあるのですが、店長さんいわくその立地ゆえのミネラル感が強く出ているとのこと。
 実は私はどうもミネラル感というのがよくわかっていない気がするので、勉強を兼ねていただきます。

20181121101244062.jpg  20181121101253487.jpg

 上立ち香は濃いリンゴ系の香りに塩っけというか硬質感を足した感じで、そこそこに。
 含むと、存在感のある甘旨味が力強く入ってきて、強めの苦味とやはり独特の、おそらくミネラル感というやつでしっかり引き締まりつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはり典型的な吟醸酒的リンゴ系の甘旨味が中心にあって、かつそれらしい苦味もあるのですが、そこにミネラル感が一体になることで、面白い感じのまとまりを見せてくれます。
 後味は、苦味が引き取る形ながらも、割と自然に引き上げますね。

 際立った存在感・個性がありながら、全体としてしっかりまとまりのある、独自路線の高精白吟醸酒でした。
 吟醸酒の甘味を引き締める役は、苦味、酸味、もしくはアルコール感が演じることが多いと思うのですが、このお酒の場合そこにミネラル感が参加しているところが面白い。
 (ミネラル感でググったら、硬質な感じや塩っ気というのがそうっぽいので、今回ある程度わかった気がします。)
 前回飲んだ時とはかなり印象が違いましたね。(お酒の味が変わったのか、私の感じ方が変わったのかは厳密にはわかりませんが…)
蔵元ホームページもいつの間にか洒落た感じになってますし、今後どんどん表舞台に出てくる銘柄かも。
 総乃寒菊、今後要注目銘柄であると思いました。

 なお、開栓直後よりも二日目のほうがよりまとまりが出てきましたね。
 もしかしたらガッツリ生熟成させても良いお酒なのかもしれません。

20181121101313156.jpg  20181121101303495.jpg

名称:総乃寒菊 純米大吟醸 無濾過生酒 29BY
精米歩合:50%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社寒菊銘醸
購入価格(税抜):レシート紛失…/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年12月07日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< まんさくの花 純米吟醸一度火入れ原酒 「愛亀ラベル」 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 穏 純米吟醸 しぼりたて生 29BY >>

おー寒菊ですか。2年前くらいに買った記憶がありますね。個人的には好きなお酒だと感じましたが、まるめちさんと買った時期が違うので、何とも言えませんね。買って、関西の友人の家に一時的に置くつもりが、全部飲まれてた少し悲しい記憶が甦りました。また、関東に戻ったら、買おうかなと思います。確か買ったお酒の味と風味はミネラル感ありの酸ありの香りは硬派な感じで、旨みありのほんのりと甘いというような感じだったと思います。まるめちさんより私好みな印象はありますが、時がたてば違うものですね。

2018年12月07日 龍力大好き URL 編集

>龍力大好き様、コメントありがとうございます。
毎度返信遅くて申し訳ありません…
こちらも飲まれているとは、流石ですね~ まだあまり地元以外には出ていない銘柄なんじゃないかという認識です。
しかし、勝手に飲まれるとは災難でしたね、私なら縁切るレベルでキレるかも(笑)

ミネラル感含め、おっしゃる通り私より龍力大好きさんや日誌係さん向けの味わいかなと思いました。ただ、十分楽しめましたし、他にも結構攻めた方向の商品も出しているみたいなので、近いうちにもうちょっと試してみたいなと思っているところです。

2018年12月10日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する