FC2ブログ

えぞ乃熊 純米吟醸酒 生酒

家飲み記録 えぞ乃熊 純米吟醸酒 生酒

20181026133219490.jpg  20181026133228049.jpg

 北海道旭川市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 引き続き「酒の勝鬨」さんでの購入酒です、やはり初訪問のお店では初見銘柄との出会いがあるのが楽しいですね。
 こちらを醸す高砂酒造の通常銘柄は「国士無双」、このブランドの方がまだ圧倒的に知名度があるでしょう。
 えぞ乃熊は県外向けブランドのようですね、蔵元ホームページには影も形も無いようです。
 地酒の売り方としては良くあるパターンなんですが、なんかコソコソ売っているみたいで、買い手からしたら謎の慣習ですよね…、やっぱり地元で買えないお酒をホームページに載せてたらクレームとかくるのかしら。

 スペックは北海道の代表的酒米の一つ「きたしずく」を55%まで削った純米吟醸生。
 4月製造、7月末開栓なので、生酒としてはそこそこ熟成を経たコンディションですね。
 ラベルがモダンかつ可愛らしい感じなので、店頭では結構目を引きました。

20181026133237671.jpg

20181026133253465.jpg  20181026133245852.jpg

 上立ち香は吟醸酒として典型的かつそこそこ熟したリンゴ的香りが気持ち強めに。
 含むと、割と素直に味乗りした印象の甘旨味が、これまた典型的な苦味を伴いつつも、トロリと飲み応えのある口当たりで入り込んできます。
 味わいは、まさに蜜たっぷりかつ完熟した感じの青リンゴ的な甘旨味が主役、そこに吟醸酒ならではの苦味が伴いつつ、ほんのりとアルコール的辛さもあって、結構引き締まった印象があります。
 後味はやはり苦味を若干舌先に残しつつ引き取る感じ。

 無濾過生原酒らしい濃厚でリンゴ的味わいの吟醸酒が、実に素直に熟した印象の、まとまりの良いフルーティー酒でした。
 正直、割と有りがちかつ、苦味も若干嫌らしいのですが、とにかく甘味の存在感が私の好みですね…
 それでいてダレ感がちゃんと抑えられているのに、まとまりの良さを感じます、後はやはり個性という名の武器が欲しいところ。
 えぞの熊、今後にも期待したいと思わせてくれた一本でした。

20181026133302312.jpg

名称:えぞ乃熊 純米吟醸酒 生酒
精米歩合:55%
使用米:きたしずく
アルコール度:16~17%
日本酒度:+-0
蔵元情報:高砂酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:酒の勝鬨(築地)
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年11月20日 北海道の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 名倉山 純米吟醸 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | MIYASAKA CORE 純米生原酒 >>












管理者にだけ公開する