FC2ブログ

開運 伝 純米吟醸生原酒

家飲み記録 開運 伝 純米吟醸生原酒

20181018132337185.jpg

 静岡県掛川市のお酒です。
 驚くべきことにブログでの登場は初めて。

 開運は今まで外飲み記録宴会持ち込み酒として取り上げたことはありましたが、個別記事はありませんでした、いやあ自分でもびっくりです。
 今回いただいたのは、どうやら元々どこかのお店のPBだったらしいという「伝」、という限定品になります。
 開運で伝というと、開運ブランドを全国に広めた杜氏の名を冠する高級酒「大吟醸 伝 波瀬正吉」を想起しますね、実はこのお酒の肩ラベルにもその功績が記載されています(なぜか英語で)。
 
 スペック的には山田錦利用、精米歩合55の純米吟醸生原酒と、今どきとしては王道という感じ。
 4月製造7月開栓なので、若干寝ているコンディションですね。

20181018132351604.jpg  20181018132408325.jpg

 上立ち香は割と酸を感じるスッキリフレッシュな果実香が割と控えめに。
 含むと、青さと落ち着きを兼ね備えた印象の旨味が自然な口当たりで入ってきて、割と独特な酸をまといながら、最後まで程よく輪郭と整えたまま染み込んできます。
 味わいは、上品な甘味、控えめな吟醸的苦味、ほんのりとした青さ、若干しょっぱさが混じったような酸味が一体となった、典型的なような独創的なような、なんとも言い難い世界を見せてくれますね。
 後味は、やはり苦酸がしっかり仕事をして、見事なまでに引き上げてくれます。

 典型的な吟醸酒の味わいに個性的な雰囲気の酸が寄り添って、独自のまとまりを魅せてくれる、個性派王道酒(?)でした。
 原酒とは思えないぐらいにスルスルいけてしまう感じがありますね、個人的には常温よりそこそこ冷やしたほうがその特長が増して好みです。
 これは万人受けするんじゃないかな…、また、食中でも単独でもいけそうな万能感があるかと。
 開運の貫禄を感じた一本でした、今後もちょくちょくやりたいところです。

20181018132418335.jpg

名称:開運 伝 純米吟醸生原酒
精米歩合:55%
使用米:山田錦
アルコール度:17~18%
日本酒度:+3~+5
蔵元情報:株式会社土井酒造場
購入価格(税抜):1,720円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店(尾久)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 開運 純米吟醸

2018年10月30日 静岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 白鷹 しぼりたて原酒 蔵出し完全生 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 日乃出桃太郎 純米大吟醸 中取り >>

「開運」ですね。コメント遅れました。。。

静岡県の銘柄では磯自慢に次ぐ県外でも名が通った
お酒ですかね。この「開運」と「初亀」あたりは
老舗蔵でもあり、外さないイメージがあるので僕は
結構好きな銘柄です。

しかしこのスペック、地元のスーパーで見かけた
ことはありますが、飲んだことはないですね。
「開運」は意外に種類が多く、県外用のスペック
とかもあるので、僕もイマイチ把握できてません。

英語表記も謎ですね(笑)
確かこのスペック意外にも英語表記のお酒がまだ
あると思います。名前は失念してしまいましたが
黒っぽいラベルだったような?常温棚に置かれて
いたので、火入酒だとは思いますが見かけたとき
こんなやつもあるんだ、海外向けかな?と思った
記憶があります。もしかしたら同じPB商品かも
しれませんね。

では、良い週末を。

2018年11月03日 P太郎 URL 編集

>P太郎様、コメントありがとうございます。
いやいや、静岡酒にコメントが義務ってわけじゃないですから(笑)
まあ、静岡酒のなかでも最も安定感のある銘柄という印象です。探せば生原酒系も結構ありますしね。磯自慢よりコスパ良いですし…

え!これスーパーに売ってるってとんでもないですね… それはビビります(笑)
やっぱり地元は凄いなあ… そこで楽しむからこそ地酒っていう感じなのかもしれませんね。まあ私としては通販含め問答無用で飲み散らかしていますが。

ああ、確かもう一種類同じ系統のPBがあったような… ただ詳細はよくわかっていなかったりします。
しかし英語表記は謎なんですよね、単純に海外向けなのかなあ。

ではでは、今後とも宜しくです!

2018年11月04日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する