FC2ブログ

萩乃露 「雨垂れ石を穿つ」 特別純米 十水仕込 生酒

家飲み記録 萩乃露 「雨垂れ石を穿つ」 特別純米 十水仕込 生酒

20180921192236287.jpg  20180921192244723.jpg

 滋賀県高島市のお酒です。
 同銘柄は三回目の登場ですね。

 この「十水仕込」は、「京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ」さんで詳しく取り上げられていて、私も以前から興味がありました。
 (なおそちらの記事は火入れ版についてですね。生酒は日誌係さんが最近記事にされてます。)
 そちらの記事にはもう少し詳しい内容が載っていますが、十水仕込とは「一言でいえば極めて少ない水で仕込むのが特徴」らしいです。
 素人考えでは、濃いお酒が出来そうな気がしてしまいますが、そう単純なものでもないんでしょうね…まああまり深く考えずに楽しませていただきます。

 ラベルにはあまりスペック情報が載っていませんが、蔵元ホームページの商品紹介によると、使用米は山田錦・吟吹雪、精米歩合は60です。
 アルコール度数が15度と低めなのが目につきますが、製法によるものなのか加水によるものなのかは、公開情報からだけではわかりませんね。

20180921192252939.jpg

 上立ち香は洋梨的な甘さを感じる濃厚な香りがそこそこに。
 含むと、落ち着いた印象の甘旨味が少々のトロミを伴いつつ入ってきて、時間差で出てくる苦味で輪郭を整えつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、程よく熟した洋梨的(?)な甘旨味が中心にあって、ほんのりとしたセメダイン風味や、柔らかい苦味が伴うことで飲み飽き無さを加えてくれます。
 後味は、まさにその苦味で濃厚さをしっかり引き取って自然に引き上げてくれます。

 落ち着いた甘旨味に、程よく引き締まりと複雑味を添えて楽しませてくれる、良バランスの芳醇旨酒でした。
 裏ラベルの「濃密にして爽やか」というフレーズには同意できます、単に濃いだけではないと言いますか。
 ただ、十水仕込み「らしさ」についてはあまり良くわからなかったかな…、まあそれは私が普段インパクトのある甘口酒ばかり飲んでるからでしょうけど。
 逆に言うと、普段濃い酒を飲まない方が自然に飲める芳醇酒というものなのかも。
 萩の露、引き続き注目していこうと思います。

紹介:「京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ」さんの類似スペック(火入れ)の記事
https://kyoto-sakeblog.com/896

紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-2554.html

20180921192337209.jpg  20180921192327372.jpg

名称:萩乃露 「雨垂れ石を穿つ」 特別純米 十水仕込 生酒
精米歩合:55%
使用米:山田錦・吟吹雪
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社福井弥平商店
購入価格(税抜):1,350円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年10月19日 滋賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 桃の里 純米吟醸 「凛と咲け花」 28BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 玉川 純米吟醸 無濾過生原酒 「Ice Breaker」 29BY >>












管理者にだけ公開する