FC2ブログ

夜明け前 純米にごり酒 生酒

家飲み記録 夜明け前 純米にごり酒 生酒

20181009111214131.jpg  20181009111224650.jpg

 長野県上伊那郡辰野町のお酒です。
 ブログでの紹介は3回目。

 夜明け前に関しては、以前ににごり生をいただいているのですが、こちらは若干低価格かつアル添というスペックでした。
 その後、純吟しずくどり生の記事を書いた時に、コメントでこの「純米にごり」が今年から出ているという情報をもらい、凄く飲みたかったのですが近場で取り扱い店が無く入手できずにいました。
 最終的には取り扱い店(湯島の壽屋)まで教えていただき、ようやく入手にこぎつけた次第です、さざびさんありがとうございました。

 細かいスペック情報の記載はありませんが、精米歩合は55と純米表記の割に削ってますね、お値段含め私が良く飲むランクです。
 7月に買って即開栓したのですが、製造年月は4月になっています、ので少なくとも瓶詰後に3ヶ月は経ってますね。
 そのくらいの期間なら、生酒でもちゃんと遮光冷蔵していれば私はそんなに心配は無いと思っているのですが、穴開き栓なのがネックかも…


 上立ち香はつきたて餅や甘酒的な、濃厚な米の香りがそこそこに。
 含むと、やはりコメ由来的な高濃度の甘旨味がトロリと入ってきて、おり由来の柔らかな苦味とほのかな辛さで輪郭をしっかり保ちつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはり長野酒らしいリンゴ的甘味が芯にあって、そこに甘酒的なニュアンスが伴いつつ、苦辛はあくまで裏方に
 後味は、流石に粉っぽさをある程度残しつつも、苦味の働きでダレずに引き上げてくれます。

 長野らしい甘味をたたえつつ、非常におりの濃度が濃い、トロトロ芳醇甘旨酒でした。
 甘味は凄く魅力的なのですが、私にはちょっとこの甘酒的なニュアンスが邪魔だなあ、そしてガス感がもうちょっと欲しい。
 これはフレッシュコンディションで飲みたかった…、というか穴あき栓は自分のような生酒派マニアにとっては害悪でしかないかも…(開封は気をつければなんとかなるし、ガスが強かったらちょっと置けば良いし)
 夜明け前純米にごり、次は何としても出荷直後にいただきたいと思いました。

20181009111325901.jpg  20181009111316488.jpg

名称:夜明け前 純米にごり酒 生酒
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社小野酒造店
購入価格(税抜):1,458円/720ml
購入した酒屋さん:壽屋(湯島)
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年10月15日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 玉川 純米吟醸 無濾過生原酒 「Ice Breaker」 29BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 松嶺の富士 純米吟醸55 からくち >>

お疲れ様です。
いつも参考にさせていただいているので情報提供出来て嬉しい限りです。
私が呑んだ際は入荷直後だったので炭酸感はかなりありましたので、やはり穴空き栓で抜けていってしまったのかなと思います。穴空きはテープで塞ぐ位しか対応策ないのですかね。
因みにまるめちさん情報で最近はcoreとか楽器さんとか買わせてもらってます。

2018年10月19日 さざび URL 編集

>さざび様、コメントありがとうございます。
いやあ今回は本当に助かりました、情報出し合えるというのはいい感じですね。
やっぱりもともとガス感ありましたか…、絶対そっちのほうが良いと思ったんですよね。穴開き栓については、お店保管の段階で明らかに密閉栓と比べて熟するのが速いので、もはや買い手としてはどうしようもないかと… 個人的にはできるだけやめて欲しいと思っております。
coreに楽器とは、良いところを選んでいただけていて、私としても嬉しいです!今後とも宜しくお願いします。

2018年10月22日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する