FC2ブログ

霞城寿 純米 出羽の里

家飲み記録 霞城寿(かじょうことぶき) 純米 出羽の里

20180921204650743.jpg  20180921204658886.jpg

 山形県山形市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 同蔵の別ブランドとしては「三百年の掟破り」があります、こちらの方がインパクトがあって、東京付近では有名かな。
 ちなみに最近行った甘口酒オフ会で(リンク先はお酒ミライさんのレポート)、三百年の掟破りを持ってきた方が居て私もいただいたのですが、かなり印象は良かったです。
 というより、蔵元ホームページの解説を見る限り、どう考えても三百年の掟破りの方がコンセプト的に私好みでした…(要は無濾過生原酒のパイオニアらしい)
 まあ、店頭で衝動買いしてからこの辺りの情報に後から気づくなんてことは良くあることですね、それを恐れていては新規開拓なぞできないという認識でおります。

 スペックは山形の酒米出羽の里を55%まで磨いています。
 瓶には「GI山形」及び「ヤマガタセレクション」マークが見えますね、この辺りの詳しい解説も蔵元ホームページにありました。
 しかし山形県ってこういう認定制度好きですよね~、お酒の売り方にも県民性のようなものが強く出る気がしています。

20180921204707771.jpg  20180921204732639.jpg

 上立ち香はフレッシュさを残した柑橘系果実の甘酸の香りがそこそこに。
 含むと、非常に濃厚な甘旨味がグワッと入ってきて、落ち着いた感じの苦味でガッチリ引き締まりを保ちつつ、最後まで存在感を保ったまま入り込んできます。
 味わいは、ほどほどに熟した柑橘系果実の甘酸味が主役、苦味は強めながら割と柔らかくて、全体としては賑やかながらもギリギリバランスが取れている印象。
 後味は、その苦味を若干口中に残しつつもしっかりと引き上げます。

 甘酸苦がそれぞれハッキリと主張する、原酒らしい魅力とある種の粗さを兼ね備えた芳醇旨味酒でした。
 結構苦味が立つ感じですね、ただバランスが崩れるほどでなく、好みが分かれる程度といいますか。
 実際、これだけ濃くてもダレ感が無いというのはそれだけで個人的には魅力です。
 霞城寿、蔵の実力を感じさせてくれたお酒でした、次は三百年の掟破りも飲んでみたいと思います。

20180921204715018.jpg  20180921204723080.jpg

名称:霞城寿 純米 出羽の里
精米歩合:55%
使用米:出羽の里
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:葛城酒造株式会社
購入価格(税抜):1,436円/720ml
購入した酒屋さん:平林酒店(大森)
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 霞城寿 純米

2018年10月09日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 農口尚彦研究所 本醸造 無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 西堀 純米無濾過生原酒 袋取りしずく >>












管理者にだけ公開する