FC2ブログ

招徳 特別純米 無濾過生原酒 旭四号

家飲み記録 招徳 特別純米 無濾過生原酒 旭四号

20180827120949961.jpg  20180827120958040.jpg

 京都府京都市伏見区のお酒です。
 家飲み外飲み含め初めて、というか完全初見銘柄でした。

 京都みやげ酒の3本目です、よく考えたら3本とも伏見のお酒でしたね。
 正直なところ、関東ではあまり知られていない銘柄なんじゃないでしょうか、伏見は超大手から小規模蔵まで密集しているところも面白く感じました。
 で、このお酒のさらに珍しいところが、「旭四号」というお米を使っていることかと思います、ググってもあまり情報が無いぐらいレアのよう。
 どうやら伏見限定、数蔵ぐらいしか使っていないっぽいですね、こういうお酒に出会えるのが、旅先の酒屋訪問の魅力かと…

 正確には麹米に五百万石を使いつつ、掛米にその「旭四号」を使っているようですね、精米歩合は60。
 最近は小規模蔵も積極的に無濾過生原酒を出してくれている印象がありますね、ありがたいところです。

20180827121013211.jpg  20180827121246393.jpg

 上立ち香はセメダインと甘さ混じりながら、何か香ばしいような不思議な香りがそこそこに。
 含むと、濃厚かつ複雑さのある甘旨味が割と自然な口当たりで入ってきて、渋味で奥深さを添えつつ、最後まで存在感を保ったまま口中に染み込んできます。
 味わいは、やはりいい感じで熟したマスカット的な甘味が中心にあって、若干焦げたような苦味と程よい渋味と絡み合うことで飲み応え、飲み飽き無さをしっかりと備えている印象。
 後味は、その渋味と少々のアルコール感でキレあげる感じ。

 甘さのインパクトと、苦味の引き締まりと、渋味の奥深さがしっかりバランスを取って絡み合う、個性派芳醇酒でした。
 この渋味由来の奥深さはなぜか最近福島酒で良くであうタイプの味わいかも…、まあそれ自体はたまたまだと思いますが。
 私にとっては、渋味を心地よく感じられるのも、甘旨味の存在感あってこそだと思います、渋いだけじゃなくて上手くバランスが取れている印象。
 いやあこれはヒットです、衝動買いの醍醐味ですね。
 招徳、次に出会えたならば是非またいただいてみたいとおもいました。

20180827121255703.jpg

名称:招徳 特別純米 無濾過生原酒 旭四号
精米歩合:60%
使用米: 麹:五百万石 掛:旭四号
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:招徳酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:京極屋酒店(伏見)
お気に入り度:8.5/9.0

■おまけギャラリー
20180827120939656.jpg
今回の三本はどれも旨かった!伏見恐るべし…

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年09月21日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 【一旦参加者応募終了】初めてのオフ会開催します!【9/22】 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 伝匠月桂冠 純米吟醸 しぼりたて生原酒 >>












管理者にだけ公開する